関連コンテンツ

大塚家具(8186)の3月売上高が急減

大塚家具、3月売上高が37%減 父娘の争い影響か

>会長だった創業者と長女の大塚久美子社長が互いの退任を求めて委任状争奪戦を繰り広げ、今年3月27日の株主総会で社長の続投が決まった。広報によると、互いが批判を始めた2月下旬ごろから、客足が落ち始めたという。

やはりイメージ悪化で売り上げが落ちたようです。従業員の士気低下も気になるところです。

>3月27日の株主総会では「親子げんかをしている会社でだれが家具を買うのか」などと、両者の対立の影響を懸念する声が株主から上がっていた。久美子社長は総会の後、おわびの気持ちを込めたセールを検討する考えを示している。

炎上商法というか、大塚家具の知名度がいろんな意味でアップしたのは間違いないところです。特に久美子社長の個人的な知名度がアップしました。株主総会で勝久会長が終始感情的だったのと対照的に、久美子社長の冷静な対応が好感度を上げました。それでいて株主の激励に目頭を押さえたりして(そんな感じだったらしい)女性社長らしいイメージもつきました。

もしここで劇的な和解とまでいかなくても、会長がおとなしく身を引けば業績のV時回復も夢ではないと思います。
おわびセールとやらもマスコミが取材に来るでしょうし、ピンチをチャンスに変えられるでしょう。

考えてみれば株価も上がったし(会長の個人資産も倍増した)、配当も増えたしで従来の株主は誰も損してないんですよね。騒動もマスコミが勝手に宣伝してくれたと思えば美味しい話ですし。

これが会長の計略なら諸葛孔明もびっくりの策士ぶりですが、どうもあの株主総会を見るかぎり本気で会長が耄碌しているくさいので、今後も足をひっぱり続けそうですね…あ~あ。

(追記)
さらによくよく考えてみれば、被害者と見られている従業員持株会も株価の値上がりという点で利益を得ているんですよね。勝久会長の行動によって皆が幸せになった可能性が出て来ました。なんということだ…

今後の株価の暴落についてはあまり心配はいらないと思ってます。皮肉にも会長の行動によって大塚家具(8186)に充分な配当余力があるということが周知されてしまったので、今後の業績はどうあれ、当分は株価の下支えになるからです。
ただし高値で掴んでしまった人については知りません。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

耄碌と言うか・・・
老害ですよねぇ・・・完全に(笑)
私的には母親の話の方がビックリしました。
企業の経営を話す総会の場で根拠も述べずに『久美子には経営は無理です!』ってなんじゃそれ?(^^;)

しかし、これだけ話題になった株を持っていたって事で話のネタにはなるから私も結果的には得をしてるんですかね?(笑)
長期的には業績に悪影響があるのがどうかな?って感じはありますけどねぇ・・・
Re: 耄碌と言うか・・・
> 老害ですよねぇ・・・完全に(笑)
> 私的には母親の話の方がビックリしました。
> 企業の経営を話す総会の場で根拠も述べずに『久美子には経営は無理です!』ってなんじゃそれ?(^^;)
>
> しかし、これだけ話題になった株を持っていたって事で話のネタにはなるから私も結果的には得をしてるんですかね?(笑)
> 長期的には業績に悪影響があるのがどうかな?って感じはありますけどねぇ・・・


短期的にはイナゴ投資家以外は皆得をしましたね。
長期的には知りませんが、私ももう株主じゃないのでその辺は無責任ですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント