関連コンテンツ

楽に生きていける仕組みを作るべき

そもそも、なんであくせく働かなければならないか考えたら、この国ではただ生きていくだけで金が掛かるからです。
なので、無駄に働きたくなかったらまず固定費を下げることですね。

この辺りの事はセミリタイア業界の人にとっては常識、イロハのイでしょう。

固定費の最たるものは住居費なので、ここが解決できればセミリタイア生活はもう達成したようなものです。
テントや小屋で暮らす人は、この考えを突き詰めた結果そうなったのでしょう。

考えてみればほとんどの人が住居費のことを考えながら働いている気がします。それこそ寝ても覚めてもそのことばかり考えて生きている。

どうやったら居住コストを下げられるかは各自が頭を絞るとして、住むために働くなんて馬鹿馬鹿しいので、この問題に早いうちから自分なりの回答を持っていれば生きるのが楽でしょうね。

快適で低コストの住居を手に入れた人は、あとはなるべく楽に稼げる方法を考えるだけですね。
ニートなんかは理想的で、あとは稼ぐだけなんですよ。

私の考える楽に生きる道の基本方針はこんな感じです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
住居はマジでどうでもいいです。
テント暮らし、ハイエース生活でもいいくらいなんですが、奥さんがOkしませんね。。。
いずれにしても住居費をできるだけ下げるつもりです。
Re: No title
> 住居はマジでどうでもいいです。
> テント暮らし、ハイエース生活でもいいくらいなんですが、奥さんがOkしませんね。。。
> いずれにしても住居費をできるだけ下げるつもりです。

維持費が安くてかつ快適な住居を手に入れるのが妥協点でしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク