私の現在の職業は無職ということで、公式な書類にはそう記入しています。(非公式な書類には気分によって自由業などと書くこともあります)

無職という言葉にはネガティブなイメージもあり、それを気にする人は実際に無職であっても主婦(これは普通)、主夫(これを名乗る人は少ない)、家事手伝い、自営業手伝い、フリーター(実際にバイトしてなくてもフリーター)、求職活動者(実際は活動していない)などと名乗ったりします。

私は特に気にしないので、無職を名乗っています。


ただ厳密に言って本当に自分は無職と言えるのか気になったので、資料をあたってみました。

日本標準職業分類(平成21年12月統計基準設定)-日本標準職業分類一般原則

>3) 職業
職業分類において職業とは、個人が行う仕事で、報酬を伴うか又は報酬を目的とするものをいう。

報酬というものがキーワードのようです。では、報酬とは、


>2) 報酬
職業分類において報酬とは、賃金、給料、利潤(個人業主)、その他名目のいかんを問わず、労働への対価として給されたものをいう。なお、賃金・給料等には、現物(自家生産物を除く。)を含む。
 したがって、次のような収入は、報酬に当たらない。

 ア 利子、株式配当、家賃、間代、小作料、権利金等の財産収入(ただし、アパート経営、貸金等により労働の対価として得ている場合を除く。)

 イ 恩給法、生活保護法、厚生年金法、国民年金法、雇用保険法等の社会保障制度に基づく収入又はその他の年金収入

 ウ 小遣い、仕送り金等の贈与

 エ 競馬、競輪、競艇、パチンコ等の配当又は景品

 オ 預貯金引出、保険金受取、借入、不動産等の売却による収入

 カ 自己所有の株券等の売買差益による収入

 キ 学生・生徒が受ける奨学金等の学資金

 ク 職業訓練施設において、職業訓練生が受ける訓練手当・褒賞金



うん、やはり私の職業は無職で間違いなさそうです。
総務省の資料だから役所的には間違いない。

これからも胸を張って無職を名乗りたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ