関連コンテンツ

「やらないことリスト」の方が重要

「やることリスト」の逆、「やらないことリスト」の重要性

>「誰かが『これをやりたい』と言っていることをやらなかった時、その人の中には「時間がない」「お金がない」「家族が嫌がる」という3つの理由のどれかが存在する」

早期リタイアする理由のうち大きなものは、自由な時間を手に入れることだと思います。
そのため早期リタイア達成後は無限の時間を手に入れたような錯覚に陥ることがあります。

もちろんこれは錯覚で、1日が24時間で時間が有限のものであることは早期リタイア前も後も変わりません。
私も早期リタイア後半年近くが経過して、その時間の流れの速さに驚くことがあります。これが楽しい時間は早く過ぎるように感じるという相対性理論なのか。

会社を辞めて無条件で手に入るのは自由な時間だけで、それも1日24時間の有限なものである以上、「これをやりたい」と思っていることが早期リタイア後に実現できるかどうかは時間の使い方次第だと思います。

少なくともサラリーマンなら、「時間がない」「お金がない」「家族が嫌がる」をある程度言い訳にできますが、早期リタイア後は一切言い訳は出来ないわけで、どのような生き様を見せても100%その人の自己責任です。このように考えて私はブログに愚痴の類は一切書かないようにしてます…と思います。

>1:あなたが情熱を燃やしているのは何か
>2:あなたが「自分はこれを行うために生まれてきた」と思うことは何か
>3:あなたは何をして生計を立てられると思うか

これを考えると、「暇つぶしのためになんとなく働く」というのは人生最大のワナです。
今の私の「やらないことリスト」の最上位は、「雇われて働くこと」ですね。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

働くことを罠と言ってる人が、ホリエモンが言う働いてるころに投資をしないのは甘えを批判するのが分かりません。
Re: タイトルなし
> 働くことを罠と言ってる人が、ホリエモンが言う働いてるころに投資をしないのは甘えを批判するのが分かりません。

誰も働くことが罠なんて言ってませんが…
ホリエモンうんぬんに至っては意味不明です。
No title
自分でやることややらないことを決められない人には会社に所属することは非常にラクでしょうね。
やるべきこと、やってはいけないことを全て命令で決めてもらえるから。
早期リタイアしてしまうことは、やるにしてもやらないにしても全てを能動的に自立的に決めることですね。
Re: No title
> 自分でやることややらないことを決められない人には会社に所属することは非常にラクでしょうね。
> やるべきこと、やってはいけないことを全て命令で決めてもらえるから。
> 早期リタイアしてしまうことは、やるにしてもやらないにしても全てを能動的に自立的に決めることですね。

なんでもできるようになるから、やることよりやらないことを決めるのが大変です。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント