関連コンテンツ

「新Macbook」や「VAIO Z」などの高級ハイスペック路線についていけない私。もうchromebookでいいんじゃないの?と思えてきた件

私が凄いな~欲しいな~と思うノートパソコンの2機種が「新Macbook」と「VAIO Z」であります。

カッコいいですね~しかしお値段は「新Macbook」が¥148,800 (税別)から、「VAIO Z」が¥189,800(税別)からとお高めです。

用途が株取引とブログ更新ぐらいしかない私にとっては明らかに過剰スペックなので、買うのに罪悪感すら覚えます。
特に「VAIO Z」はクリエイティブな用途にガンガン使ってほしいそうなので、買ったとしたら「ごめんなさい!ネット巡回しかしてません」と謝りたくなります。

もちろん趣味、道楽と割り切れば、ハイスペックでカッコいいPCで2ちゃんねるしかやらない、というのもアリです。(それはそれでカッコいいと思う)



ところで話が微妙に変わりますが、もともとiPadはネットブックへの対抗として生まれたそうです。
ネットブックってなんだったっけ?という現状を考えるとこれはiPadの完勝に終わったわけですが、一方でキーボード付きのネット端末としてのPCの用途を完全に置き換えるのには失敗しました。

新MacbookはマイクロソフトのSurface対抗だそうで、要するにタブレットとPCの中間ぐらいを狙ってこの2つを統合する動きと見ていいのかな?そんな感じです。

一台でなんでもできるようにするとどうしても高価格化が避けられないわけで、安価で使いやすいネット端末というと私はchromebookを推すわけです。



株取引とブログ更新に限るとchromebookでできないことは無い、という現状です。デイトレーダーはWindows用のツールが使えないので、それは問題でしょうが、私は基本ザラ場は見ないので問題なし。

PC特有のアプリケーションのインストールや削除といった管理のわずらわしさが無いのが良いです。
chromeのブックマークや各種設定はGoogle+のアカウント上で管理しているので乗り換えも簡単です。
その他必要なデータはクラウド上に置いておきます。
Google+のアカウントを持っていて、普段からchromeを使用している人なら新品のchromebookを買ってくればその日からまったく同じ環境で使えるわけです。

これが精神的に凄く楽で、身軽になったような気がします。今chromebookが壊れたり、旅行先に忘れてきたとしても、新しいchromebookを買ってくれば全く問題は無いわけです。
高価で個人の環境設定が複雑で、個人情報のカタマリである通常のPCではこうはいきません。



あと気になる所はchromebook本体の快適性だと思います。安物PCだから遅いんじゃないの?と思うかもしれませんが、これがサクサクと快適なんです。
理由としては第1にGoogle Chrome OSというchromeの使用に特化したOSを使っていること。
第2に記憶装置に高速なSSDを使っていること。大容量のSSDは高価ですが、chromebookは大容量の記憶装置を必要としないので、安価な小容量のSSDを使用できます。

とにかく私は今chromebookに感心しています。
こんな所です。

※Google Chrome OS搭載のPCは、デスクトップ版や高級ノートPC版もあるそうです。これはこれで贅沢ですね。

過去の関連記事:Chromebookを注文しました
過去の関連記事:Dell Chromebook 11が届きました

Dell Chromebook 11 ノートブックPC (Cel2955U/4GB/16GB/11.6インチ/ChromeOS) Chromebook11 15Q32


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

はじめまして
Macファンです。
操作性がいいのとやっぱりデザインがカッコいいから。
値段が高めなのがネックですね。
Re: はじめまして
> Macファンです。
> 操作性がいいのとやっぱりデザインがカッコいいから。
> 値段が高めなのがネックですね。

はじめまして。
操作性、いいんですかね。
私はどうもクリック感の無いキーボードが苦手で…

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク