関連コンテンツ

『トヨタ「種類株5000億円発行」の思惑』の感想文

トヨタ種類株5000億円発行。商品としては魅力的だが、結局「都合の良い株主」を集めたいだけでは?

BLOGOSに載ってる記事には首をひねることが多いのですが、この記事も結論部分がなんだかなあという気がします。

それでは、トヨタの目的は何か。

株主の入れ替え。これに尽きるとかと。昨年来、コーポレートガバナンスコードにより政策投資開示が義務付けられる中、持ち合い解消の受け皿としての目的が大きいのではないかと考えています。種類株には議決権が付与されてはいますが、5年後に取得価格で買取ってくれる経営陣に対し、しっかりとした経営監視を出来る株主が、どの位いるのかどうか。

結局のところ、トヨタの目的は、新たな「都合の良い安定株主」を創出することに他なりません。



>5年後に取得価格で買取ってくれる経営陣に対し、しっかりとした経営監視を出来る株主が、どの位いるのかどうか。

という所なんですが、この書き方ではまるで種類株を人質に取られた株主が経営陣に物を言えなくなってしまうような印象を受けます。経営陣がどう思おうと、5年後の買い取り権利は確定しているのだから関係ないのでは?

ここで思い当ったのは、小黒とらさんのこの記事です→トヨタの個人向け新型株(AA型) 追加検討

>5年過ぎたらトヨタの側にもコールするオプションが付いているということです。個人株主を増やしたいという趣旨で発行するAA株ですから、金銭で買取りするかどうかは分かりませんが、買入されちゃうリスクがあるってことみたいです。

経営陣側にはこの武器があるわけです。しかし5年後の株価がどうなってるかはわかりませんし、種類株の株主も議決権はあるのだから、どんどん物申しちゃってかまわないでしょう。

値下がりリスクがないから経営監視をする気がなくなるというのであれば、それでも株価は上がった方がいいのでまともな個人株主なら経営を監視する気はあるでしょう。

今回のトヨタの種類株は今までのどのカテゴリーにも属さず、上場会社が一般投資家に対して、流動性のない株式を発行するのは、おそらく日本の発行市場では初めてのケースかと思います。個人的には、このスキームで「都合の良い株主」を増やすことには、非常に懐疑的に思っておりますが、先ずはその販売状況を見て、新たに同様のスキームを組む発行体が出てくることに危惧を感じ得ません。



おいおい、財務優秀な企業が自社株買いを行って同数の有利な条件の新株を発行することに何の問題があって、何の「危惧」を感じる必要があるのか私にはさっぱりわかりません。

少なくとも、わけのわからない株主優待を新設して質の低い個人株主をかき集め、大口株主に優待経費の負担を強いるような真似をする経営陣よりはよっぽど良心的な経営安定法だと思います。優待株主こそ「都合の良い安定株主」であり、彼らが文句を言うのは優待が改悪された時だけです。

危惧するなら、上場企業の3分の1が必要あるのかどうかもわからない株主優待を実施している現状の方ではないかと思うわけです。それに比べたら素晴らしいスキームではないかと。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
BLOGOSの記事を読みました。
記事の筆者は、ガバナンス(経営監視)に関して個人投資家を過小評価している気がします。だから「都合の良い株主」という表現を使っているのだと思いますが、そう決めつけちゃっていいのかなと・・・
ちょっとした危惧を感じ得ません。w
Re: No title
> BLOGOSの記事を読みました。
> 記事の筆者は、ガバナンス(経営監視)に関して個人投資家を過小評価している気がします。だから「都合の良い株主」という表現を使っているのだと思いますが、そう決めつけちゃっていいのかなと・・・
> ちょっとした危惧を感じ得ません。w

そうですね。むしろ5年後に個人投資家のうるささにキレた経営陣が、買い取り権利を行使する可能性の方が大きいかもしれないのに。その可能性に危惧を感じ得ません。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント