関連コンテンツ

「お金持ちの教科書」その3 純金融資産5000万円の魔力

この本ではお金持ちの基準を最低1億円からとしています。野村総研などでも富裕層の基準を1億円以上に設定してますし、大体の人が納得すると思います。なぜこの金額かと言うと、働かずに生活できるギリギリの水準が1億円だからという説が有力だそうで。どのような時代でも3.5%ぐらいの利回りは何とか確保できるでしょうということらしいです。

しかし普通の人は宝クジでも当てない限り、ポンと1億円が手に入ることはありません。
労働収入から貯蓄し、それを投資に回してなんとか1億円を目指しますが、これも個別株の集中投資やFXなどの投機的手法で一発や二発は当てない限り資産額のワープはできませんので、2千万、3千万、4千万と段階を踏んでいくしかありません。

やがて5千万円に達したとします。

お金持ちの入り口は1億円と書いたが、現実にはもう少し下の金額から人の思考回路は変化し始める。だいたいそれは5000万円くらいである。5000万円を境に、お金に対する価値観は大きく変わってくることが多い。



この著者は私の気持ち(?)がよく分かってます。分かる、分かるぞ。

若くして純金融資産5000万円を手にした人間には、それで食えてしまう可能性が見えてきてしまいます。
計算上は税引き後利回り5%で回せれば、年に250万でなんとか働かずに食えます。実際は5000万円を丸々リスク資産で回すのは少々危険ですが、そんなことは知ったこっちゃありません。なんせ見えてしまったのですから。
こうなると浪費はむろんのこと段階的に取り崩す気にすらなりません。年金生活の老人でなければ。

著者はその辺のFPや税理士と違ってこういう状態になった人の気持ちがよく分かってます。

基本、運用益だけで食っていくのがお金持ちの思考です。純金融資産5000万円はその思考に至るための入り口と言えます。

1無1題


お金持ちの教科書



お金持ちの教科書



銀と金 新装版(1) (アクションコミックス)




銀と金 1


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

ありがとうございます
カイジは読んだことがあるんですが、
銀と金という漫画もあるのですね。
気づかせていただいてありがとうございます。
読んでみたいです。

なお、私も資産が5千万越えしてから、意識が変わりました。
これについても、同感です。
Re: ありがとうございます
> カイジは読んだことがあるんですが、
> 銀と金という漫画もあるのですね。
> 気づかせていただいてありがとうございます。
> 読んでみたいです。
>
> なお、私も資産が5千万越えしてから、意識が変わりました。
> これについても、同感です。

ありがとうございます。
しかし5000万円越えててあの謎理論でやっているのですか…
そっちの方が衝撃的です。
たしかに
5000万円あれば、少々の悲劇が襲ってきても
泰然としていられるような気がします

役割が人を育てるという言葉は
なかなか当たってると思っていますが

ある程度のお金が人の意識を変えるというのも
同様に当たっているように感じます

ありがとうございました
Re: たしかに
> 5000万円あれば、少々の悲劇が襲ってきても
> 泰然としていられるような気がします
>
> 役割が人を育てるという言葉は
> なかなか当たってると思っていますが
>
> ある程度のお金が人の意識を変えるというのも
> 同様に当たっているように感じます
>
> ありがとうございました

なんで皆お礼を言うのかな?こちらこそご感想ありがとうございます。
意識が変わると言うのとは別の話かもしれまんが、セミリタイアを意識する区切りの金額というのはありますね。

自分は30代後半ですが、5000万だと達成感はありましたが会社は辞められないなと思って、大幅に意識は変わらなかったような気がします。

運良く、それから2年後に1億達成しましたが、そこでリタイアと言うものをしっかり意識し始めたような気がします。

ありがとうございました。
Re: タイトルなし
> 意識が変わると言うのとは別の話かもしれまんが、セミリタイアを意識する区切りの金額というのはありますね。
>
> 自分は30代後半ですが、5000万だと達成感はありましたが会社は辞められないなと思って、大幅に意識は変わらなかったような気がします。
>
> 運良く、それから2年後に1億達成しましたが、そこでリタイアと言うものをしっかり意識し始めたような気がします。
>
> ありがとうございました。

それはおそらく取崩しを考えていたからですね。考え方が老成しているとそうなります。若く野心があるとそうは考えなくなります。
ご感想ありがとうございました。
No title
意識が変わる金額には、年齢も関係あると思います。

私はいま50歳で、このまま投資を続けながら65歳まで働いて、その間、世界的な経済ショックが来なければ8000万円くらいは資産を築けると踏んでいます。
もっと運が良ければ、1億円までいけるかもしれないと考えています。

しかし、65歳で1億円持っていることに何の意味があるんだ?
と自問自答しています。

健康的に生活できるのは、恐らくあと10年。
その10年を資産形成のためにひたすら働くのか?
それでいいのか?

しかし、資産がなければ、生活できない。

自分の時間を、後どれくらい資産形成のために差し出すんだ?

時間(というか命)と金のトレードオフに自問自答している日々です。
5000万円までいかずに、意識は変わりましたが、行動は変えられない日々を送っています。
Re: No title
> 意識が変わる金額には、年齢も関係あると思います。
>
> 私はいま50歳で、このまま投資を続けながら65歳まで働いて、その間、世界的な経済ショックが来なければ8000万円くらいは資産を築けると踏んでいます。
> もっと運が良ければ、1億円までいけるかもしれないと考えています。
>
> しかし、65歳で1億円持っていることに何の意味があるんだ?
> と自問自答しています。
>
> 健康的に生活できるのは、恐らくあと10年。
> その10年を資産形成のためにひたすら働くのか?
> それでいいのか?
>
> しかし、資産がなければ、生活できない。
>
> 自分の時間を、後どれくらい資産形成のために差し出すんだ?
>
> 時間(というか命)と金のトレードオフに自問自答している日々です。
> 5000万円までいかずに、意識は変わりましたが、行動は変えられない日々を送っています。

突き詰めて考えると、生まれながらの金持ちのボンは資産形成の為に働くという思考法がそもそもありません。
私の個人的な考えですが、60歳以上まで働いて資産形成に成功して金持ちのバカボンと同じスタートラインに着くだけというのはあまり割に合わないと思います。ほどほどに使って人生を楽しんだ方がいいような気がします。
ほどほどに使って人生楽しむって言うのは大いに同意しますが、リタイアして定収入がなくなると、そのほどほどに使うって言うのが勇気がいるっていうか難しそうですね。

私はもう間もなくセミリタイアするつもりですが、節約しなければと言う思いと、人生充実させるために金も使わなければと言う思いですこし悩ましいです。
説明
あれは理論ではなく、後付けの理屈です...
リーマンの時に会社の仕事が多忙で、
全ての資産をうまく処分しきれずに、逃げられなかったものが、
結果的にああなった、ということなのです。
望んでやったわけではないんです。
後の方のコメント欄にも記しておきました。
以上、ご説明でした。


No title
著者はどうやら自分でも億単位の資産を運用しているみたいですね。
どうりで、自ら金融資産を築き上げた人間の心理を良く理解しているわけです。
私自身、資産が増えるにつれて逆に支出が減っていった時期がありました。
倹約と言うか、支払った金の対価をより厳格に評価した結果だろうと思います。

また、「大金を持ったまま死んでも意味がない」という論調がありますが、これは足し算思考の考え方であり、掛け算思考に移行できるかどうかも、数千万クラスから変化があるように感じます。
言い換えれば、貧乏人と金持ちを見分けるフィルタかもしれません。掛け算思考に反応を示す人間であれば、質素な身なりをしていても実は金持ちである可能性が高いと思います。
Re: 説明
> あれは理論ではなく、後付けの理屈です...
> リーマンの時に会社の仕事が多忙で、
> 全ての資産をうまく処分しきれずに、逃げられなかったものが、
> 結果的にああなった、ということなのです。
> 望んでやったわけではないんです。
> 後の方のコメント欄にも記しておきました。
> 以上、ご説明でした。

そうですか、わざわざありがとうございます。
Re: No title
> 著者はどうやら自分でも億単位の資産を運用しているみたいですね。
> どうりで、自ら金融資産を築き上げた人間の心理を良く理解しているわけです。
> 私自身、資産が増えるにつれて逆に支出が減っていった時期がありました。
> 倹約と言うか、支払った金の対価をより厳格に評価した結果だろうと思います。
>
> また、「大金を持ったまま死んでも意味がない」という論調がありますが、これは足し算思考の考え方であり、掛け算思考に移行できるかどうかも、数千万クラスから変化があるように感じます。
> 言い換えれば、貧乏人と金持ちを見分けるフィルタかもしれません。掛け算思考に反応を示す人間であれば、質素な身なりをしていても実は金持ちである可能性が高いと思います。

金持ちは使い切るという貧乏くさい発想がないんですよね。その観点からは私は庶民のせいぜい延長線で生きていくことになると思います。
No title
>金持ちは使い切るという貧乏くさい発想がないんですよね。その観点からは私は庶民のせいぜい延長線で生きていくことになると思います。

遺した金はこの世界に対する「御礼」という考え方もありかと思います。
自分の時間を自由に使い、好きなことをやりながら人生を過ごすのは、何物にも代えられない価値がありますから、最期までそういう人生を過ごさせてもらったこの世に対しての御礼としては相応の大金を払ってもいいかと考えています。
足し算思考の場合、丁度使い切って人生を終えることなんてまず出来ないわけですから、金が余って後悔するか金が底をついて後悔するかいずれかの可能性が高いと思います。生きている間もそれが気になってストレスが蓄積しそうで、精神的満足度という意味において期待値の低い生き方になってしまう気がします。
Re: No title
> >金持ちは使い切るという貧乏くさい発想がないんですよね。その観点からは私は庶民のせいぜい延長線で生きていくことになると思います。
>
> 遺した金はこの世界に対する「御礼」という考え方もありかと思います。
> 自分の時間を自由に使い、好きなことをやりながら人生を過ごすのは、何物にも代えられない価値がありますから、最期までそういう人生を過ごさせてもらったこの世に対しての御礼としては相応の大金を払ってもいいかと考えています。
> 足し算思考の場合、丁度使い切って人生を終えることなんてまず出来ないわけですから、金が余って後悔するか金が底をついて後悔するかいずれかの可能性が高いと思います。生きている間もそれが気になってストレスが蓄積しそうで、精神的満足度という意味において期待値の低い生き方になってしまう気がします。

そもそも庶民には遺す程の財産もありませんしね。使い切るというより無くなると言った方が良いかも。
だからせめて終の棲家としても持ち家を買う。若い人にしてみればボロ家を遺されても迷惑だから今はリバースモーゲージとか出てきてるんでしょうね。
No title
金は精神安定剤の役割も果たしているので、80歳になっても2000万ぐらい手元に置いておかないと安心できそうにないです。
ただ、2000万ぐらいまで計画的に減らす作業ってのも勇気を持って行わないとなって思います。
さすがに1億残したまま死んだら心残りでしょう。
何となくわかります
私も資産が増えるに従い、
浪費(消費)に対する興味が薄れてしまっているような気がします。
(まだ5,000万円には達していませんが)

皆さんのコメントも非常に参考になりました。
No title
個人的には5000万まであと少し、、、
どんな心境になるのか楽しみです。
その前に相場クラッシュが来たりして・・・

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント