関連コンテンツ

分散投資の狙いと集中投資の狙い

分散投資はリスクもリターンも低く、集中投資はリスクもリターンも高いというのは、ありがちな誤解です。

分散投資の狙いはリスクとリターンの比率を最適化することです。世の中には例えばハイリスクローリターンな投資案件が多数存在します。適切なポートフォリオを組むことによってそのような理不尽さから逃れることができます。(損をしないという意味ではなく、また儲からないという意味でもありません。)
ポートフォリオを組む理由の大きなものは資産の価値保全ですので、分散投資はローリスクローリターンだという誤解が生まれたのでしょう。

一方、集中投資の狙いはリスクとリターンのバランスを崩すことです。もちろん狙いはローリスクハイリターンです。運用者に市場の歪みが見えていれば、そのような投資も可能になるかもしれません。逆に運用者に実力が無ければハイリスクローリターンとなって沈みます。こちらの方が多数派でしょう。

集中投資する場合は自分独自の相場観や分析力が無ければなりません。高いリターンを求めてむやみに高いリスクを取るのはたいてい報われません。

自分が何を目的に投資しているか理解していればおのずと戦法も定まってきます。
プラスの超過リターンを求めているのに無駄に分散していたり、常識的なパフォーマンスで十分なのに不要なリスクを取っている人は多いです。

しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!





関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント