関連コンテンツ

年会費有料のクレジットカードを持つ理由。P-oneカードの思い出。

無料のサービスには何か理由があります。
昔の人は「タダより高いものはない」と言ってます。英語だとフリーランチがどうのこうのと言うようです。

私のメインのクレジットカードは年会費有料の「リクルートカードプラス」です。
私は以前は年会費無料のカードを使っていましたが、退職前にこの年会費有料カードに切り替えました。退職後は気軽にカードを作れなくなるので、メインカードを選定する必要があったのです。

私の経験上、年会費無料のカードには突然のサービス改悪や廃止が付き物であり、ときにはカードそのものが終了になることがあります。リーマンショック後はしばらくクレカ冬の時代で、改悪、廃止が相次ぎました。

リクルートカードプラスは破格の還元率2%を誇りますが、もしこれが無料カードだったらサービス改悪に怯えて過ごさなければならないかもしれません。将来的には還元率が下がる可能性もあるかもしれませんが、無料のカードよりは心配が少ないでしょう。

クレジットカード界には、「P-oneカード」というサービス改悪の歴史を体現した存在があります。「P-oneカード」はポケットカード(8519)が発行している(た)ユニークなカードです。

利用時に自動的に1%割引するのがメインの還元で、これは今も変わっていません。(ポイント交換の必要が無い)

破格だったのが付帯するポイントサービスで、以前は毎月7日の決済はポケットポイント10倍になるというとんでもないサービスがありました。そのためクレカマニアの間では毎月7日にいかに生活必需品の大量決済や高額商品の決済を集中させるかが話題となっていました。

さらにこれをJALマイルに交換できたので、大量の乞食マニアが群がった結果、ほどなくして10倍ポイントは廃止されました。さらにその後無料カードに限ってポイントそのものが付かなくなり1%割引だけになりました。いまではマイナーな上に平凡なカードです。

お得な付帯サービスの付いた無料カードほど改悪の危険性が高いのです。公務員のような属性の高い職業の人はカードの発行が容易なのでお得な無料カードを渡り歩く方法もありですが、カードの審査が通りにくい人(無職など)は、審査に通るうちに有料カードに絞るのもひとつの手です。

そのような人にはポイント還元が破格で年会費を十分ペイできる「リクルートカードプラス」がおすすめです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
こじきww
私もリクルートカードプラスは迷うなあ。。。楽天カードは楽天経済圏の有利さがあり。
リタイア前にまた考えて見ます。
Re: No title
> こじきww
> 私もリクルートカードプラスは迷うなあ。。。楽天カードは楽天経済圏の有利さがあり。
> リタイア前にまた考えて見ます。

楽天は可もなく不可もなくといったくらいでしょうか。
No title
P-oneカード、懐かしいですね。私も以前使っていましたが、あの改悪はひどかったですね。

リクルートカードプラスは退職後に作りましたが、それまでANA JCBカードを使っていたせいか、案外あっさり作れました。

楽天カードは無料ですので、とりあえず持っておいて得になる時だけ使えばよいのでは。
Re: No title
> P-oneカード、懐かしいですね。私も以前使っていましたが、あの改悪はひどかったですね。
>
> リクルートカードプラスは退職後に作りましたが、それまでANA JCBカードを使っていたせいか、案外あっさり作れました。
>
> 楽天カードは無料ですので、とりあえず持っておいて得になる時だけ使えばよいのでは。

クレジットヒストリーは重要ですね。私も社会人になってからずっとクレカを使っているのでクレヒスは積んできています。無職でも案外通るかもしれません。
楽天はスパムメールみたいなのがウザいんで敬遠してます。気にしすぎですかね。どうも好きになれない会社です。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント