関連コンテンツ

注視するだけの簡単なお仕事もやってみると大変

かつて民主党政権下の財務相が円高で株安になるたびに何かの一つ覚えのように「市場を注視する」というコメントを連発して、内外から呆れられていました。

ドモホルンリンクルの中の人じゃあるまいし、注視してないで動けよ!と言うわけであり、私も苦々しく思っていました。

〜するだけの簡単なお仕事、というのは求人広告に良くある、誰でもできる軽作業といった意味あいです。実際に誰でもできるかどうかはやってみないとわかりません。

私の資産運用も基本的にコレです。毎日指標をチェックして市場を注視していますが、具体的な売買はほとんどしていません。大きなトレンドが発生しているときは一度ポジションを持ったら手を動かす必要はほとんど無いのです。

それだけに「何もしないこと」と「何かをする決断」というのは非常に重要です。
民主党政権下の歴代担当大臣も永遠に続くかのような円高に耐え切れず、バレバレの口先介入やタイミングの悪い散発的な円売り介入を繰り返して傷口を広げました。

大きなトレンドには逆らえませんが、市場を注視することは非常に大切で大変なのです。変化の兆しを見つけることは必死にならないと出来ません。

今日も何もしてませんが、色々と大変な毎日です。そういうことにしておいて下さい。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
円高に対して、
注視する=なにもしない

は民主党のお家芸として定着しましたね

まあ、一般的な国民は円高のほうが暮らしやすいと感じる人が多いのもあるでしょうしね
Re: No title
> 円高に対して、
> 注視する=なにもしない
>
> は民主党のお家芸として定着しましたね
>
> まあ、一般的な国民は円高のほうが暮らしやすいと感じる人が多いのもあるでしょうしね

日本株投資家にとっては悪夢のようなお家芸ではありました。
No title
あの円高局面のおかげで海外旅行に安く行けて、外貨投資も沢山できたので、あれはあれで良い思い出です。
まあ二度とはゴメンかもしれませんが。
Re: No title
> あの円高局面のおかげで海外旅行に安く行けて、外貨投資も沢山できたので、あれはあれで良い思い出です。
> まあ二度とはゴメンかもしれませんが。

投資機会を生んだという点ではまあそうですね…
あの政権を生んだのは民意ですから人災でしたけどね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント