関連コンテンツ

「大金持ちの教科書」 お金に対する価値観について

このシリーズの感想記事を書いていて気が付いたのですが、私はこの本をダシにして普段から思っているが人には言えないことを書いています。だから興味を持たれた方は本を買って下さい。このシリーズの記事は私の主観が多分に入ってます。

無職の分際で非常に偉そうな物言いになることもありますが、そういう趣旨の記事であることを理解していただいて、不愉快に感じられる方はそっとタブを閉じて下さい。

合理主義を徹底させ、リスクと上手に付き合うためには、お金に対して中立的になる必要がある。お金に対する意識が過剰だと、物事を合理的に考えることができず、リスクに対する目を曇らせてしまう。



お金はお金であり、ゴールドはゴールドであり、不動産は不動産です。それ以上でもそれ以下でもないのは当たり前なはずですが、なぜか過剰に意識し、思い入れを持ってしまう人がいます。

自営業の家庭に育った人はまとまった額のお金に対する慣れがあります。お金は商売を回すためのツールでしかありません。ところが現在の日本では経済のコモディティ化が進んだ結果、ほとんどの人がサラリーマンになってしまいました。
普通のサラリーマンがまとまった額のお金を手にするのは定年退職の時だけです。そのためサラリーマンの大多数はまとまった額のお金の扱いに慣れていません。そのようなサラリーマン家庭に育った人は当然その影響を受けています。

サラリーマンにとってのお金は消費するものであり、せいぜい貯めこむものでしかありません。この生活サイクルの中で(お金持ちから見たら全く間違った)サラリーマン独特の金銭哲学を身に付けていきます。

 

資産家の家に生まれた一部の人を除いて、ほとんどの人はお金がない家で育つ。筆者が育った家庭も、ごく普通のサラリーマン家庭であった。両親や親戚、知人、学校の先生など、周囲にいる人は皆、お金を持っていない。
 周囲の人がお金を持っていないだけならばまだよいのだか、彼らの多くが、お金の話が嫌いである。さらに厄介なことに、彼らは本音ではお金が欲しくてしょうがないのに、お金が嫌いなふりをしている。こうしたアンビバレントな感情が、お金に対して中立であることを難しくしている。



こんなことをサラリーマンの宴会で口走ったらぶん殴られそうですが、概ね真実であると思います。口に出さないで良いですから、お金持ちになるためには、彼らの屈折した思想に染まらないようにしなければなりません。

多くの人が、このような環境で育てられるわけなので、お金に関して正しい知識や考え方が身に付かないのは、ある意味で当然のことなのである。



資産家の家庭に生まれ育った人はスタートラインからして違います。それは資産額や学歴以前に、お金に対する間違った価値観から自由であるからです。

ともかく我々一般人は一度お金に対する価値観をゼロベースで見なおしてみる必要があります。株式投資やFXで大失敗してやっと気づく人もいますが、死ぬまで気が付かない人よりマシです。それでやっとスタートラインに立ったと言えます。

大金持ちの教科書




大金持ちの教科書



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
お金持ちはカネの話をどんどんし、貧乏人はカネの話を避ける、と言います。
貧乏人は結局事実に背を向けているだけなんでしょうね。カネなんか関係ない、カネよりも重要なものがある、という貧乏人(失礼)を見ると哀れでしょうがないし、それだけ彼らは実はカネに執着してるんだなと感じます。
ああはなりたくないと思いますね。
Re: No title
> お金持ちはカネの話をどんどんし、貧乏人はカネの話を避ける、と言います。
> 貧乏人は結局事実に背を向けているだけなんでしょうね。カネなんか関係ない、カネよりも重要なものがある、という貧乏人(失礼)を見ると哀れでしょうがないし、それだけ彼らは実はカネに執着してるんだなと感じます。
> ああはなりたくないと思いますね。

カネはカネでしかないので、そこに屈折した道徳論や倫理感を絡めるとどんどん本質から離れていきますね。
No title
お金に色を付けてしまうから変な話になってしまうんでしょうね。
汗水たらして稼いだ一万円はバクチ事で儲けた一万円より貴重!
という風潮は最たるものじゃないでしょうか。
や、結局どちらの金でも一万円の物しか買えませんし・・・と。
こういう事ばかり言っていると怒られそうなのでこの辺でやめておきますw
Re: No title
> お金に色を付けてしまうから変な話になってしまうんでしょうね。
> 汗水たらして稼いだ一万円はバクチ事で儲けた一万円より貴重!
> という風潮は最たるものじゃないでしょうか。
> や、結局どちらの金でも一万円の物しか買えませんし・・・と。
> こういう事ばかり言っていると怒られそうなのでこの辺でやめておきますw

労働が尊いという話と金銭の話は別ですからねえ。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク