関連コンテンツ

9割の人が65歳以上まで働きたいと望んでいる?

早期リタイアの対極にある「生涯現役」ですが、夕刊フジの「ZAKZAK」には「生涯現役」をテーマにした記事が多いようなので、私には理解しがたいですが、「怖いもの見たさ」で最近少しづつ読んでいます。

古い記事ですが、こんなのを発掘しました。→生涯現役社会の実現を 社会保障費抑制にも貢献

タブロイド紙に載っている、国会議員数ゼロの政党の主張の記事なので実現性も影響もほとんど無かったでしょうが、保守的な層の多いタブロイド紙の読者のニーズには応えている内容かなあとは思います。社会保障制度が根本的に崩壊しかかっているのは事実なので、「生涯現役」が解決策の一つではあるのは理解できます。

ところで、

>実際、内閣府の調査では、65歳以上まで働きたいと答える人は約9割に上ります。

という所が気になったのでソースを探してみました。

「日本21世紀ビジョン」インターネット調査(第2回補足調査)

これによると、「年齢的にみて何歳まで仕事をしていたいと思いますか。(ひとつだけ)」の問いに対して、

「60歳」が20.1%
「65歳」が34.3%

なので、9割が65歳以上まで働きたいと考えている、というのは言い過ぎかと思います。ただこの仕事というのはフルタイムに近い労働のことでしょうから、パートタイムの仕事を含めるとやはり9割の人が生涯現役を望んでいるのかもしれません。

それにしても、

60歳〜80歳までの合計が92.3%
「その他」が7.7%

「その他」は80歳より上の死ぬまで現役を含んでいますから、早期リタイアは5%ぐらいかもしれません。
30代〜40代のアーリーリタイアともなると絶対的少数になりそうです。

生涯現役人生―100歳まで幸福に生きる心得 (OR books)




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

話半分
こんにちは。
この手の衝撃的レポートというのは、数字的根拠が薄く、非常にオーバーに表現してありますから、話半分程度に聞くのがちょうどいいと思いますよ。
Re: 話半分
> こんにちは。
> この手の衝撃的レポートというのは、数字的根拠が薄く、非常にオーバーに表現してありますから、話半分程度に聞くのがちょうどいいと思いますよ。

もちろんネタですよw
No title
死ぬまで生活の為に働くのは嫌ですねw
しかし、これからはそういう人も増えていくでしょうけど・・・
Re: No title
> 死ぬまで生活の為に働くのは嫌ですねw
> しかし、これからはそういう人も増えていくでしょうけど・・・

長生きリスクですね…
No title
もし本当なら頼もしいかぎりです。
ぜひ80歳でも90歳でも働いて現行の社会保障制度を維持してもらいましょう。
我々リタイア組んいは健康保険などの負担を最小限に抑えられるのでメリットですしね。
Re: No title
> もし本当なら頼もしいかぎりです。
> ぜひ80歳でも90歳でも働いて現行の社会保障制度を維持してもらいましょう。
> 我々リタイア組んいは健康保険などの負担を最小限に抑えられるのでメリットですしね。

働ける限りは働く、という社会になって行くとは思いますが、そんなこと続けられるのかなあという疑問はありますね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント