関連コンテンツ

生涯現役シリーズ、西武信用金庫の場合

あいかわらず夕刊フジの生涯現役シリーズ(オレンジ世代という夕刊フジの造語があるそうです)を怖いもの見たさで読んでいます。
今回は西武信用金庫の記事を紹介します。

【一生働く!】西武信用金庫 「顧客ニーズの解決」に高年齢はプラス

>首都圏を中心に、現在67支店を展開している西武信用金庫(東京都中野区)は、2011年4月に一律の年齢による定年制度を廃止した。65歳や70歳までの延長雇用でさえも議論されている中で、定年制自体の撤廃は話題になった。

信用金庫なので貸出先は地域の中小企業が中心です。信用金庫って地元の長男、つまり地域密着型の人材を採用するというイメージがありますが、これを突き詰めると地域の顧客との信頼関係や経験の蓄積などを考慮して定年廃止ということになるのかもしれません。私などからすると逃げ場が無くて恐ろしい世界のように思えますが、ハマる人には居心地がいいんでしょうね。

ただ楽な世界では無いと思います。若手にもベテランにもキツイ時代になるんじゃないでしょうか。

 >「退職の日に、辞める方々と昼食会を設けてきましたが、その多くは本音ではまだ辞めたくないという感じでした。体力、気力があるうちはまだまだ働いていたいと思っている方がほとんどです」と振り返る。

労働意欲があって素晴らしいと思いますが、問題は能力と待遇のマッチングなんですよね。政府の政策としても定年延長を義務づける方向に進んでいますが、高齢社員の報酬が高く雇用期間が長いと間違いなく若手の給料にしわ寄せが行きますよね。定年廃止となると、根本的に給料体系を変えないといけないかもしれません。

あと先輩がいつまでも辞めないのは精神的にキツイですw
早期リタイア者からすると異世界です。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

能力と待遇のマッチング
その辺が疑問なんですよねぇ・・・

年を取ると時代の変化についていけなくなって今まで自分がやってきたやり方にしがみつきがちなんですよねぇ。
えぇ、なんとか家具の会長さんじゃありませんけど(笑)
そういう人を指導的な立場に置いておくとむしろ害になると思うんですが
えてして本人は指導的な立場がふさわしいと思ってますからねぇ・・・
少子高齢化で労働力が不足するのを定年延長で乗り切るってのは理屈ではあるけど
果たしてうまく機能するのか?正直、疑問です(^^;)

ん?なんか株の話じゃなくなった?(笑)
Re: 能力と待遇のマッチング
> その辺が疑問なんですよねぇ・・・
>
> 年を取ると時代の変化についていけなくなって今まで自分がやってきたやり方にしがみつきがちなんですよねぇ。
> えぇ、なんとか家具の会長さんじゃありませんけど(笑)
> そういう人を指導的な立場に置いておくとむしろ害になると思うんですが
> えてして本人は指導的な立場がふさわしいと思ってますからねぇ・・・
> 少子高齢化で労働力が不足するのを定年延長で乗り切るってのは理屈ではあるけど
> 果たしてうまく機能するのか?正直、疑問です(^^;)
>
> ん?なんか株の話じゃなくなった?(笑)

この元記事だと続きがあって会社側が人材を選別するようになってます。時代に流れについて行けず、定年まで勉強もせずにやり過ごそうと考える人にとっては厳しい時代になると思います。

株の話じゃないですねw
早期リタイアを考える人が増えるのもこういう閉塞感があってバカバカしくなるからじゃないでしょうか。年を取ると勉強もせず要領よく給料をもらおうとするのが人間で、そういう人が増えると生産性がどんどん落ちていくので若い人ほどやってられないと思います。
No title
若者の会社離れが進みそうで心配ですw
Re: No title
> 若者の会社離れが進みそうで心配ですw

若者の○○離れもそこまで来ましたかw

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント