関連コンテンツ

早期リタイアと預貯金額の関係

このブログでは何度か触れていますが、私は早期リタイアの目標として純金融資産7000万円を目途に考えていました。

だいだい税引き後の利回り3%で回すのを目標にして、年間の生活費を200万円前後に収めれば資産が減らないので何歳からでも早期リタイアが可能になる計算になります。

だだし……目標金額に近づくにつれ、「この金額って意味なくないか?」という事はうすうす感じるようになりました。

そもそも、いついかなる時も税引き後利回り3%(つまり表面利回り4%前後)で回すということはリスク資産への投資が不可欠であり、追加投資が不可能な状態でこれをやるということは実際はそれ以上のリターンが必要になります(成績が悪い年があると生活費で資金が食われるから)。

これが出来る人ならもうそれは一種の相場師であり、資金は減るどころか増える一方でしょう。それなら資金の額より技術面が重要で、相場で食える目途がついた時が仕事の辞め時になります。

もちろん完全に相場で食える人など万人に1人の素質でしょうから、安全圏を考えると資産は多いにこしたことはありませんが、食うことだけを考えたらそれほどのパフォーマンスは必要ないので資金が1億から2億を超えたあたりで素質はほとんど関係なくなります。

また金融資産のポートフォリオを組んでまともに機能するようになるのも1億円以上からとすると、問題になるのは資金が数百万から数千万の範囲の人です。

数千万円で早期リタイアを決断するには一般人と違うなんらかの要素が必要になります。

1 相場師になるか、2 極端に低コストで生活できる基盤があるか、3 余命を計算して必要金額を見切るか。

1番は不確実性の極みですが、一種の職人と考えれば身に着けた技術のレベルで成否は変わってくるでしょう。

2番は一番確実ですが、長生きリスクとインフレリスクがあるので、後々生活レベルを上げるのは状況と相談になります。
このタイプを生活者とします。

3番は計算できない人生のリスクに対してある程度達観する必要があるので、哲学者タイプとします。

相場師か生活者か哲学者のいずれかになるか、これらを組み合わせるかですね。私は1番と2番の組み合わせです。
2億円もあればこういうことは考えなくても良いので、宝くじを当てたい庶民の気持ちはよく分かりますね…

つまり億の単位ならともかく、数千万円までなら預貯金の額よりその人の個性の方がよっぽど重要だということです。
預貯金の額で早期リタイアを決めるというのはどうも私にはピンと来ません。
預貯金の額より生き方の方が大事です。

あてにしない生き方 (中経の文庫)




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

1.5
3は不安、2だけではネガティブ、1はポジティブ...答えは1.5ですね
Re: 1.5
> 3は不安、2だけではネガティブ、1はポジティブ...答えは1.5ですね

考えてみれば定年退職者は2と3の組み合わせですが、余命が短い上に年金が計算できます。
若年の早期リタイアで3のみで生きる人はまさに哲学者です。
No title
私は金融資産などから計算して、リタイヤできると思いますが、していないというか、できません。

まだ30代でいろいろな欲望が強いので、リタイヤして生活水準を下げるのが嫌なんですよね。

ブログ主さんとはある意味、反対の考え方をしているかもしれません。
Re: No title
> 私は金融資産などから計算して、リタイヤできると思いますが、していないというか、できません。
>
> まだ30代でいろいろな欲望が強いので、リタイヤして生活水準を下げるのが嫌なんですよね。
>
> ブログ主さんとはある意味、反対の考え方をしているかもしれません。

良いと思いますよ。稼いで消費して経済を回して下さい。
No title
早期リタイア業界の人は、ある種のさとりの境地に達したような人が
多いような気がします。3番の人ですね。これは主観ですが・・・
そもそも、早期リタイアという行為そのものが、哲学的で達観の境地という気がします。
Re: No title
> 早期リタイア業界の人は、ある種のさとりの境地に達したような人が
> 多いような気がします。3番の人ですね。これは主観ですが・・・
> そもそも、早期リタイアという行為そのものが、哲学的で達観の境地という気がします。

昔だと方丈記の鴨長明とか出家して隠棲した人が居ましたけど、現代だと安アパートに住んでいるんでしょうか。
No title
僕自身は2に近いですね。
金融資産は5千万くらいしかありませんが、これには手をつけず、嫁の収入でどれだけ補填できるかが鍵ですね。
Re: No title
> 僕自身は2に近いですね。
> 金融資産は5千万くらいしかありませんが、これには手をつけず、嫁の収入でどれだけ補填できるかが鍵ですね。

そうですね、2は招き猫の右手さんのイメージですね。
しかしヒモで主夫の早期リタイアというのは新しいですw
自由が時間が欲しい。
3ですね。
私は50歳で、資産が、リスク資産で3000万円しかありません。
しかし、近い内に何らかの形でセミリタイアしたいと考えています。
残りの人生は約30年。
そのうち、健康で活発に動けるのは60歳までの10年間。
その10年を仕事で浪費したくはありません。

欧米のように1ヶ月くらいの長期休暇をとれるとか、仕事を離れて1年後でも再就職できるとかなら、働き続けることも考えます。
しかし、日本の終身雇用、年功序列で、連日深夜までのサービス残業、有給休暇取るなのクロ労働環境でひたすら働いて搾取されたくありません。

今までなら、定年の60歳まで働いて、その後は年金による老後生活が保証されていたから、60歳まではおとなしく働こうという気にもなりましたが、少子高齢化により年金制度は破綻確定。
ひたすら現役世代に負担を押しつけて、老人たちは逃げきろうとしています。

厚生労働省は現役世代に74歳まで年金を支払わせることを考えています。
60歳から年金貰っている連中を養うために74歳まで働く?
悪い冗談です。

今の日本では、大きく分けて
74歳までひたすら働かされる。
それが嫌なら、労働市場から締め出され、無職。
この2つしか道がありません。

74歳までは働きたくはないので、ならば資産を形成して低コストで生活して、なるべく早くリタイアしよう。
そう考えるようになりました。
Re: 自由が時間が欲しい。
> 3ですね。
> 私は50歳で、資産が、リスク資産で3000万円しかありません。
> しかし、近い内に何らかの形でセミリタイアしたいと考えています。
> 残りの人生は約30年。
> そのうち、健康で活発に動けるのは60歳までの10年間。
> その10年を仕事で浪費したくはありません。
>
> 欧米のように1ヶ月くらいの長期休暇をとれるとか、仕事を離れて1年後でも再就職できるとかなら、働き続けることも考えます。
> しかし、日本の終身雇用、年功序列で、連日深夜までのサービス残業、有給休暇取るなのクロ労働環境でひたすら働いて搾取されたくありません。
>
> 今までなら、定年の60歳まで働いて、その後は年金による老後生活が保証されていたから、60歳まではおとなしく働こうという気にもなりましたが、少子高齢化により年金制度は破綻確定。
> ひたすら現役世代に負担を押しつけて、老人たちは逃げきろうとしています。
>
> 厚生労働省は現役世代に74歳まで年金を支払わせることを考えています。
> 60歳から年金貰っている連中を養うために74歳まで働く?
> 悪い冗談です。
>
> 今の日本では、大きく分けて
> 74歳までひたすら働かされる。
> それが嫌なら、労働市場から締め出され、無職。
> この2つしか道がありません。
>
> 74歳までは働きたくはないので、ならば資産を形成して低コストで生活して、なるべく早くリタイアしよう。
> そう考えるようになりました。

2と3だが、大きく3寄りってことですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント