ETFしか売買しない個別株投資家…これ、私のことです。

景気の停滞期には割安株投資ほど面白いものはありません。しかし景気の拡大局面においては相場の上昇に伴って投資すべき案件が減っていくので、あえて今個別株に新規に投資する動機がどんどん薄れてくるのです。

しかし景気拡大を予想しているのに買わないという選択はナンセンスなので、取りこぼしを避けるためにETFを利用するのです。これが私が現在ETFしか売買していない理由になります。

一方で景気の拡大を予想しているわけですから、以前から仕込んでいる高配当株はそのままホールドです。たまに失望銘柄を売るぐらいです。

ここ2年くらいはキャピタルゲイン狙いの売買はETFを利用して行っています。難しいやり方は使わず、古典的な移動平均線やボックス理論、出来高や信用取り組みなどに注目するオーソドックスなやり方です。

難しいやり方をしていないのは景気拡大局面が続くと予想していたからで、基本上昇トレンドが続くなら余計な事をしない方が儲かるからです。余計な事とは、移動平均から上方に乖離した時の高値掴み、下方に乖離した時の狼狽売りなどです。これらは相場の方向性について定見を持っていれば回避できます。

このやり方(トレンドフォロー)の欠点は、トレンドの転換点を見極めるのが難しい点と、トレンドの転換点付近でポジションが膨らむ危険性がある点です。

例えば日経平均2万円は数年前の水準に比べて高値に見えますが、もし強い上昇トレンドが発生した場合は昨日の高値が今日の安値となるので、様子見をしていた人は置いていかれます。株価の節目節目で同じことが起こり、トレンドについていけない負け組が大量に発生します。

これを何度も何度も繰り返すと、相場は最後まで上昇についてきた少数の勝ち組と、振り落とされた多数の負け組で構成される事になります。やがて異常値まで騰がった株価を正当化する理論が生まれ、振り落とされた多数の負け組や様子見組が「安心して」相場に参加するようになった時にバブルが発生します。

つまりトレンドフォローでうまく勝ち抜けるには、何度も何度も振り落としに耐えた末に、バブルが発生して進行した後に降りなければなりません。これは超難度のゲームです。尋常な握力ではありません。

たいていはトレンドの転換点を見誤って早売りするか、もしくはトレンドの頂点で大きなポジションを抱えたままになり大損します。

こういう「修羅の道」から自由になったのが持ちっぱなしのインデックス投資です。タイミング投資で最終的に勝ち抜けるには日頃の研鑽が最低限必要なので、私はどんなに株価が高値に見える時でも相場から完全に足を抜くことはしていません。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ