関連コンテンツ

桐谷さんは塩漬け投資家

桐谷さんは筋金入りの塩漬け投資家である。

株価が買い値から10分の一、20分の一、30分の一になっても損切りはしない。
そこに理論はなく、株を買った根拠が失われても(例えば優待が廃止されたとか)ホールドを続けている。
しかしこういう人は実は多いのである。
数十分の一になったらもう売ってもしょうがないというのがその理由。
いや、そんなになる前に売れよ、と思うのだが、桐谷さんはそんな次元で生きていない。

桐谷さんはかつて船井電機(6839)やパイオニア(6773)を信用でナンピン買い下がりして資産を失ったそうである。

桐谷さんの売買を分析すると、とんでもなく負けず嫌いの性格が見えてくる。

たぶん桐谷さんが投資家として成功することはないと思う。
ただ芸能人としては稼げそうなので良かった、と思う。そう思えるのが桐谷さんの人柄。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク