関連コンテンツ

トヨタ新型株の発行価格が決定。野村證券も大勝利。

トヨタ新株に5倍の需要、野村最大の引受案件-手数料225億円

トヨタ新型株の発行で、野村證券には225億円もの手数料収入が入るようです。凄いですね。

>関係者によれば、野村証券の全国159の支店ではトヨタ自動車第1回AA型種類株式への問い合わせや予約が殺到、新規口座開設のための来店客が急増している。投資家の需要は3倍から5倍に達したもようだ。トヨタは2日午後、発行価格を同日終値に3割上乗せした1万598円に決定、4992億円分を発行すると発表した。野村のいくつかの支店では顧客に同株式を購入できる可能性が低いことを既に伝えている。

第1回AA型種類株式の発行価格等の決定および第1回AA型種類株式発行に応じた自己株式取得に関するお知らせ

発行価格が決まりました。約30%上乗せの10,598円ですね。ということは100株で1,059,800円です。
予約殺到、新規口座開設急増、と盛り上がってますね。

野村證券に入る手数料収入は発行額の4.5%に決定したようです。過去最大の手数料収入。これだけの需要があれば第2回、第3回と次回以降の発行もおそらくあるでしょうから、野村證券の収益には大幅なプラス材料です。野村證券の株価も高値を維持しています。

それにしても野村證券も野菜證券と揶揄されていたころから比べると、ホント景気が良くなりましたね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

1億以上預け入れ資産がある人とか、月に手数料10万以上納めてる人とかにガバッと行っちゃいそうですかね。
それ以外の顧客には申し訳程度に100株ずつとか。
Re: タイトルなし
> 1億以上預け入れ資産がある人とか、月に手数料10万以上納めてる人とかにガバッと行っちゃいそうですかね。
> それ以外の顧客には申し訳程度に100株ずつとか。

記事に買い付け金額の上限を5億円に引き下げ、とありますので普通に10億とか20億とか買おうとする人がいるってことですね。説明とか管理の手間が同じならある程度大口で売った方が楽ですから、本音では小口では売りたくないでしょうね。
10億20億で突っ込む人もいるんですね。
まぁ、条件の良さを思えばありそうな話ですよね。
でも、野村証券としては急に大金突っ込む顧客よりも、普段から手数料落としてくれる顧客を優先するんでしょうかね。
いずれにしても自分に当選の目はなさそうです。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント