当社に対する関東財務局の行政処分について

日本クラウド証券が行政処分を受けています。

処分の内容は主に3か月間のファンドの新規募集停止です。

問題になっていたのは、いつごろからか顧客からの預り金の処理が遅延していて、分別管理が出来ていない状態になっていたという事態です。

証券会社にとって顧客の預かり金の分別管理を確実にすることは絶対条件で、どんな理由があろうとも言い訳はできません。最悪資金流用を疑われても仕方がありません。
ソーシャルレンディング会社の中で唯一の証券会社ということで期待していたのですが、残念な気持ちです。

もともと明細履歴の明細表示が不明瞭な状態が長らく放置されていたり、看板的なファンドであるマイクロファイナンスのファンドが宣伝だけしてなかなか募集が始まらなかったり不満が募っていました。
そこへきてこの事態ですから、「ああ、やっぱり」としか思いませんでした。

具体的な損害があった訳ではありませんが、少なくともこの状態が改善されるまで一時撤退を決めました。

クラウドバンクには猛省を促したいと思います。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活