10数年前に橘玲氏が「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」でベストセラー作家になったとき、私もこの本を読みました。

詳しい内容はほとんど忘れましたが(いいのかそれで)、「最速の資産形成法は税金を払わないことである」というフレーズは印象的でした。要するに速やかにお金持ちになるには、サラリーマンを早く卒業する必要があるということだと理解しました。

なにしろ自分の事業のオーナーにならないと節税のしようがないからです。サラリーマンを続ける期間が長ければ長いほど収支は安定しますが、こと資産形成のスピードに限ってはさっぱり加速することができません。

もっともまずは儲ける仕組みを作らないことには税金も関係ないのですが…

「黄金の羽根」とは制度の歪みから発生する利益のようなもので、それを拾っていくには日本という国家のデザインを知らなくてはなりません。

国民の9割がサラリーマンの国で、終身雇用制度を基本に設計された税制と社会保障制度の歪みをついて利益を得るのが早期リタイアという生き方です。こちらは橘玲氏の意図する「黄金の羽根」とは違って、控除を増やす方法ではなくて収入そのものを減らすことで払いをほとんどゼロにする方法です。

橘玲氏は「人的資本」とか「労働市場」といった言葉を好んで使うので、「労働市場」から早期に退出して自らの「人的資本」を毀損する早期リタイアという酔狂な生き方は想定していません。過去の記事:私の早期リタイア観は一種の「自爆」

想定していないのは日本国も同じことで、絶対的少数者である早期リタイア者は制度の歪みをついてきわめて低負荷で生きていくことが可能になりました。この状況がいつまで続くかはわかりませんが、社会の片隅でひっそりと見守っていきたいと思います。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ



関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活