ネット上の俗語で、投資で1億円以上の資産を築いた人を、「億り人(おくりびと)」と言います。

ヒットした日本映画の「おくりびと」をもじって、語呂がいいからか数年前からネット上では定着しているように思います。

もともとネットスラングなので正確な定義など無いのですが、投資で1億円以上の資産を築いた、というのは結構曖昧な言い方で、極端に言えば9千万円を預貯金で確保し1千万円を株で稼いでも億り人には違いないわけです。

というか、団塊の世代以前の日本人だと土地持ちで預貯金だけで夫婦で1億円ぐらい貯めた人は結構どのご町内にもいて、そういう人達が今は年金も貰って悠々自適に…と考え出すと空しくなるからやめておくとして昔は投資なんかしなくてもひと財産を築いた人たちは一定数いたわけです。

そういう人は億り人とは呼ばれていないわけで、労働収入と元本保証の預貯金だけで資産を築くのが極めて難しくなった時代だからこそ、投資で財産を築いた人がそう呼ばれるようになったという背景があると思います。

「真の億り人」とは私が勝手に作った用語で、株などの投資の税引き後の通算運用益が1億円を超えた人のことです。種銭が100万円なら1億円と100万円、種銭が2千万円なら1億と2千万円で、真の「億り人」です。

暫定、というのは実現していない含み益があるので、これを現金化したとして2割の税金を引いた後の通算運用益が1億円を超えたということです。

なんでこんなことに拘るかというと、なるべく早く給料の額に左右されない身分を手に入れたかったからです。
元手の多寡にかかわらず、1億円が達成できる資産運用術を身につけることができればサラリーマンに拘ることもありません。

コツコツ積み立てでも資産1億円は可能…、それはそうかもしれませんが、私の安月給ではいつのことになるかもわかりません。というか私の場合早期リタイアは現実的に不可能だったでしょう。

本当に億儲けた個人投資家が教える(秘)思考法 アベノミクス攻略編 (別冊宝島 2319)



関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ