関連コンテンツ

暫定、「真の億り人」になりました

ネット上の俗語で、投資で1億円以上の資産を築いた人を、「億り人(おくりびと)」と言います。

ヒットした日本映画の「おくりびと」をもじって、語呂がいいからか数年前からネット上では定着しているように思います。

もともとネットスラングなので正確な定義など無いのですが、投資で1億円以上の資産を築いた、というのは結構曖昧な言い方で、極端に言えば9千万円を預貯金で確保し1千万円を株で稼いでも億り人には違いないわけです。

というか、団塊の世代以前の日本人だと土地持ちで預貯金だけで夫婦で1億円ぐらい貯めた人は結構どのご町内にもいて、そういう人達が今は年金も貰って悠々自適に…と考え出すと空しくなるからやめておくとして昔は投資なんかしなくてもひと財産を築いた人たちは一定数いたわけです。

そういう人は億り人とは呼ばれていないわけで、労働収入と元本保証の預貯金だけで資産を築くのが極めて難しくなった時代だからこそ、投資で財産を築いた人がそう呼ばれるようになったという背景があると思います。

「真の億り人」とは私が勝手に作った用語で、株などの投資の税引き後の通算運用益が1億円を超えた人のことです。種銭が100万円なら1億円と100万円、種銭が2千万円なら1億と2千万円で、真の「億り人」です。

暫定、というのは実現していない含み益があるので、これを現金化したとして2割の税金を引いた後の通算運用益が1億円を超えたということです。

なんでこんなことに拘るかというと、なるべく早く給料の額に左右されない身分を手に入れたかったからです。
元手の多寡にかかわらず、1億円が達成できる資産運用術を身につけることができればサラリーマンに拘ることもありません。

コツコツ積み立てでも資産1億円は可能…、それはそうかもしれませんが、私の安月給ではいつのことになるかもわかりません。というか私の場合早期リタイアは現実的に不可能だったでしょう。

本当に億儲けた個人投資家が教える(秘)思考法 アベノミクス攻略編 (別冊宝島 2319)



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
面白いです!。とはいえ、ずいぶんとハードル高いことを言われていますね^^。
真の「億り人」ですか、血迷っても無理です。成られた方はすごいものですね。
Re: No title
> 面白いです!。とはいえ、ずいぶんとハードル高いことを言われていますね^^。
> 真の「億り人」ですか、血迷っても無理です。成られた方はすごいものですね。

例えば「高配当株で配当金生活」のたっちゃん氏は種銭2億→3億以上だから変則的ですが真の「億り人」です。
私の勝手な基準なんですが、資産を減らさない運用術が無いと真の経済的自由は得られないのではないかと思っていて、その象徴が真の「億り人」かなと。
おめでとうございます!
本当、凄いですなぁ・・・
見習いたいものです。

税引き後の運用益で億ですかぁ・・・遠いなぁ(^^;)
No title
真の「億り人」ですか。ハードル高いですね。
普通の「億り人」でも、かなりハイリスクハイリターンの投資に挑戦しないと達成できないと思います。

資産を全て失うことも厭わず、ハイリスクハイリターンの投資ができるか?
と問われれば、私はできません。
「億り人」にはなれないです。
Re: おめでとうございます!
> 本当、凄いですなぁ・・・
> 見習いたいものです。
>
> 税引き後の運用益で億ですかぁ・・・遠いなぁ(^^;)

ハイリスクの取引もしてますけどね。
Re: No title
> 真の「億り人」ですか。ハードル高いですね。
> 普通の「億り人」でも、かなりハイリスクハイリターンの投資に挑戦しないと達成できないと思います。
>
> 資産を全て失うことも厭わず、ハイリスクハイリターンの投資ができるか?
> と問われれば、私はできません。
> 「億り人」にはなれないです。

でも資産を失っても終わりじゃないですからね。
私も2回程ほぼゼロになってますし。それで何をすれば資産を失うか学びました。
No title
億り人、いい響きですねえ。
僕は偽の億り人にも全然届きそうにありません。
真の億り人もすごいですが、投資元本を把握してるのもすごいですね、僕は種銭をいくら入れたかもう分からないです。
Re: No title
> 億り人、いい響きですねえ。
> 僕は偽の億り人にも全然届きそうにありません。
> 真の億り人もすごいですが、投資元本を把握してるのもすごいですね、僕は種銭をいくら入れたかもう分からないです。

年間取引報告書さえ取っておけば、そこから逆算して行けばだいたいわかると思いますよ。
パチンコなどのギャンブルでも負ける人は必ず収支がわからなくなっているので、大事な事です。負けすぎると計算するのもイヤになってくるんですよね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント