関連コンテンツ

ポンパレモールを本気で攻略する(リクルートポイントの使い道)その2

前回の続きです。ポンパレモールを本気で攻略する(リクルートポイントの使い道)






ポンパレモールは、楽天やYahoo!、Amazonに比べるとあまり評判が芳しくありません。
いわく、取扱い商品が少ない、安いわけではない、そもそもポンパレモールって何?等々。

しかし、相場の世界では「人の行く裏に道あり花の山」と言う格言もあります。定説を疑ってみることも大事だと思います。

そもそもリクルートグループ(ポンタ陣営)がポイントを大盤振る舞いしている背景には、先行するTカード陣営とのシェア獲得競争があります。同じように先行する楽天やYahoo!、Amazon陣営に対して、ポンパレモールもポイントの大量付与で攻めています。消費者としてはここに乗っかれば良いわけです。

実際宣伝文句も、「日本一のポイント還元に挑戦!」となっています。このやる気に乗りましょう。

攻略のポイントとして、無駄なくリクルートポイントを消化すること、消化に際してまた効率良くポイントを得ることを考えます。
かなりマニアックな話になりますがご了承下さい。

まず小技として、いきなりポンパレモールに行くのではなく、なんらかのポイントサイトを噛まして下さい。
現状では一番還元率が良いのはハピタスです。現在1.8%も付きます。これでポイントサイトのポイントとリクルートポイントを2重取りできます。

次に何を買うかですが、ポイントの消化が目的なので生活必需品か、もしくは定価販売が原則の商品が良いでしょう。あらかじめ対象商品を絞っておけば、取扱い商品の少なさや価格もあまり問題になりません。

私の場合は具体的には食糧品、それも米とか調味料など保存の効くものが対象です。ポンパレモールは原則ほとんどの商品に3%のポイントが付きます。リクルートカードプラスの2%もちゃんと付くので、合計5%になります。

あとは書籍ですね。1冊から送料無料の上、ほとんどの書籍でポイントが5%付きます。リクルートカードプラスと合わせて7%です。Amazon大好きの私でも、新刊本を買うならまずポンパレモールが第一候補になります。

毎月月末や不定期に行っているポイント還元セールもあります。これは楽天などと同様期間限定ポイントなので注意が必要ですが、制約が少ない分楽天より貯めやすいです。今月は今日(24日)の1300時からスタートですね→ポンパレモール祭

月末にポイントを使ってまとめ買い→次月末に付与された限定ポイントを使って買い物というループでかなりポイントの使いでが増します。

楽天をディスるわけでは無いですが、全体的にサイトがゴチャゴチャしてなくて見やすいのとポイントが貯めやすいのが好印象ですね。

今回はあくまでリクルートカードで貯めたポイントの消化の話です。ポイントを得るために無駄遣いしては意味が無いので注意して下さい。節約を考えたら期間限定ポイントや店舗限定ポイントは時には捨てる勇気も必要です。





関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント