関連コンテンツ

配当金生活とインカムゲイン収入の評価について

インカムゲインとは(金融情報サイト)

インカムゲインは、資産運用に対するリターン(成果)の一つで、ある資産を保有することで安定的かつ継続的に受け取ることのできる現金収入(利益)のことをいう。具体的には、銀行預金や利付債券(国債、普通社債、転換社債等)の受取利息、投資信託の収益分配金、株式投資の配当金や貸株料、外国為替証拠金取引のスワップポイント、不動産投資の家賃収入(賃料収入)などが挙げられる。



配当金生活のブログなのに、最近配当金の記事を全然書いていませんでした。
株式の配当金についての私の評価と、その他のインカムゲインの評価について普段考えていることを書いてみたいと思います。
(注意 非常に長文になってしまったのでおヒマな方だけどうぞ)

株式投資の配当金

基本的な考え方として、株式会社は生まれた瞬間からその価値を拡大させるために成長を続けます。その為に社員の皆さんが働いているわけです。この成長に乗っかるのが株式投資であり、配当金はその利益を部分的、定期的に確定するものです。

株式はインフレにも強く、短期的には激しい変動がありますが長期的なリターンは他の資産より高いです。このため長期的な成長もしくは安定した配当が可能な銘柄を選ぶことを条件に、私の配当金生活の柱としています。

貸し株料

持ち株を証券会社に貸すことで貸し株料が得られます。私はやっていません。
理由は権利日をまたぐと配当金が配当金相当額という名目で総合課税になってしまい、多くの場合で税負担が上がってしまうからです。

権利日前に貸し株を解除して権利日後に元に戻せばよいのですが、銘柄数が増えてくると現実的ではありません。証券会社の自動解除サービスも株主優待投資家向けのものが多く、私のニーズを満たしていません。

また貸し株料自体も雑所得になるので税制上不利です。デメリットに対して金利そのものも非常に低く、割りに合いません。

預貯金と国債

元本保証される、もっとも馴染みの深い金融資産です。現在、人類史上でも空前の超低金利時代に突入している上に、インフレにも弱いため(変動国債もありますが)早期リタイア生活との相性は悪いです。生活費以上の額は保有していません。

投資信託の分配金

人によってはこちらをインカムゲイン生活のメインに据えている人もいます。中身は株や債券など様々です。投資信託の運用には様々なコストが掛かっている上に、販売側の利益を好きなように乗せられるので基本的に不利です。

株式投資より参入のハードルが低い分、実質的な利回りが低いので分配金だけで生活するには大量の資金を必要とします。大金持ちで運用に手間を掛けたくない人向けです。ほとんど保有していません。

FXのスワップポイント

日本円は超低金利通貨なので、日本円を売り他の高金利通貨を買えば金利差が収入になります。これがFXのスワップポイントです。株式投資には利益成長の仕組みがあるのに比べ、FXにはありません。

理屈的には低金利通貨は値上がりし高金利通貨は下落するので、得たスワップポイントはいずれ通貨の下落で帳消しにされます。理屈の上ではそうですが、円安が何年も持続的に続く局面ではスワップポイントを得た上に値上がり益も得られるので、こういう時にはスワップポイントで生活しようとする人が必ず現れます。そういう人はレバレッジも掛けているのが普通で、いずれ訪れる円高局面で淘汰されます。

通貨取引は世界最大の市場で、ここで勝てるトレーダーならそもそも配当金生活など考える必要はありません。いずれにしても配当金生活には向いていないので私は保有していません。

不動産投資(賃料収入)

古典的なインカムゲイン収入です。
現物不動産の場合は借金して買うのが普通なので、借金できる信用の無くなる早期リタイア前に仕込みを終えておく必要があります。現物がある分、紙の資産である株式投資より精神的な安定感はあります。その分流動性は低く現金化は難しいです。インフレにも強いです。クリック一つで終わりな株式投資と違って物理的に手間暇が掛かります。この点が私的には早期リタイア向きではないので考えていません。株式投資と違って土地そのものに利益成長があるわけでもありません。

現物投資とは別にREIT(不動産上場投資信託)もあります。不動産を投資信託化したものなので、評価もその通りになります。ほとんど保有していません。

ソーシャルレンディング

クラウドバンクには猛省を求めます。

それで終わるのも何ですが、世界的にはかなり普及している金融商品です。住宅ローン債券みたいに証券化もされています。日本で新しい金融商品が普及するのは先進国で常に一番最後で、サブプライムローンで最後にカモにされたのも日本の金融機関でした。日本人は金融に関してはとても保守的なので、せめて知識だけは付けて世界にカモられないようにした方が良いと思います。


評価は以上ですが、異論も多いと思います。質問等々はコメント欄で受け付けています。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
「株式投資の配当金」が一番興味がありますね。日本株に投資をしたいと思う反面、今の株価でやるの?というところで躊躇しています。

「投資信託の分配金」は、興味ありませんね。それを貰っていますけど。再投資ですし。

「不動産投資(賃料収入)」が、今自分の中では一番ホットです!。まだ作られていない私が購入予定のマンションが賃貸情報としてUPされていました。結構な額で、本当にこんな家賃で住む人いるのか?と懐疑的ですけどね。

将来は、「不動産投資(賃料収入)」で、生活したいですね。来年末くらいからやろうと思えばできなくもありませんが^^;
Re: No title
> 「株式投資の配当金」が一番興味がありますね。日本株に投資をしたいと思う反面、今の株価でやるの?というところで躊躇しています。
>
> 「投資信託の分配金」は、興味ありませんね。それを貰っていますけど。再投資ですし。
>
> 「不動産投資(賃料収入)」が、今自分の中では一番ホットです!。まだ作られていない私が購入予定のマンションが賃貸情報としてUPされていました。結構な額で、本当にこんな家賃で住む人いるのか?と懐疑的ですけどね。
>
> 将来は、「不動産投資(賃料収入)」で、生活したいですね。来年末くらいからやろうと思えばできなくもありませんが^^;

正直不動産は良くわかりません。額が大きいのと流動性が低いと間違えた時に逃げられないので、ギャンブル性は一番高いと思います。
No title
よくまとまった記事ですね。
やっぱり株式こそが利益成長を命題に成立しているので一番信頼に足りますよね、長期的には。
ただ倒産リスクが怖いのと、運用が面倒なのでインデックス投資になっちゃいました。
Re: No title
> よくまとまった記事ですね。
> やっぱり株式こそが利益成長を命題に成立しているので一番信頼に足りますよね、長期的には。
> ただ倒産リスクが怖いのと、運用が面倒なのでインデックス投資になっちゃいました。

ありがとうございます。
効率を考えて突き詰めると株式投資、それも低コストのインデックス投資に行き着くと思います。
私は欲張りなので個別株に行ってますけど、生活に余裕があって面倒になるとそっちに行くでしょうね。
社債、優先株など
こんにちは。
参考までに、社債(SBIやソフトバンクなど),優先株,地方債などについての見解もお聞きしたいですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 社債、優先株など
> こんにちは。
> 参考までに、社債(SBIやソフトバンクなど),優先株,地方債などについての見解もお聞きしたいですね。

国債以外の債券は外国債券まで含めると範囲が広く書ききれないので書きませんでした。評価についてはあまり所有していないことからわかるように、メインにはなっていません。大雑把に言って現状債券はリスクに対して利回りが低すぎると思います。
Re: No title
上のコメントの人、ありがとうございます。過去の記事へのコメントはご自由にどうぞ。すぐにわかるようになっています。また非表示のコメントは基本的にご遠慮下さい。
No title
こんにちは〜。おヒマな人です〜
クラウドバンクについてはよく存じ上げませんが、マイクロファイナンスの投資機会、はやく整備されるといいですよね〜。
※どうせ非居住者は対象外でしょうけど。涙。

先週、ロンドンのあるシンポジウムでIT系の起業家さんがマイクロファイナンスについても触れてらして、その「当然の如くさらっと」具合から、イギリスではそこに投資しやすいのかな?なんて、ちょうどぶつぶつ考えていたところでした。
Re: No title
> こんにちは〜。おヒマな人です〜
> クラウドバンクについてはよく存じ上げませんが、マイクロファイナンスの投資機会、はやく整備されるといいですよね〜。
> ※どうせ非居住者は対象外でしょうけど。涙。
>
> 先週、ロンドンのあるシンポジウムでIT系の起業家さんがマイクロファイナンスについても触れてらして、その「当然の如くさらっと」具合から、イギリスではそこに投資しやすいのかな?なんて、ちょうどぶつぶつ考えていたところでした。

ロンドンはマイクロファイナンスの先進地域だと思います。インドのマイクロファイナンス会社に資本を提供しているのもイギリスの投資家じゃなかったかな。マイクロファイナンスは色々と問題も多いので、日本でポピュラーになるころにはサブプライムローン問題みたいにババを掴まされるんじゃないかと心配しています。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク