関連コンテンツ

就職氷河期世代の苦悩と早期リタイア

今回の記事は100%愚痴です。ネガティブな後ろ向きの話はあまりしたくないのですが、不愉快に思う人もいると思うので、嫌いな人は読み飛ばしてください。

私は就職氷河期世代に属します。

日本ではバブル崩壊後の就職が困難であった時期(1993年から2005年と定義されている[1] )を指す語。リクルート社の就職雑誌『就職ジャーナル』が1992年11月号で提唱した造語。



この世代は無能なバブル世代の上司とデジタルネイティブのゆとり世代の部下に挟まれています。もちろんこのような安直なカテゴライズや偏見に満ちたレッテル貼りに何の意味も無いことは重々承知していますが、労働人生に何の不満も無ければ早期リタイアなどは考えないと思うので、早期リタイア者や志望者は労働環境に対してなんらかの不満を持っていると思います。その不満が爆発して早期リタイア志向を強めているのがこの世代ではないかと、自分をかえりみて思うわけです。

この世代は現在35から45歳ぐらいでしょうか?そもそも就職氷河期世代というネーミングからして不遇感や不満感が漂っていると思いますが、本来働き盛りであるはずのこの年齢層が仕事にやる気を無くし、いやもう馬鹿馬鹿しくてやってられねえ、とセミリタイア志向を強めているのが日本の不幸だと思います。いや、価値観の転換という意味では幸福なのかも。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
わたしもばっちりこの世代です、しかも就職活動をした1996年は本当にひどかったと記憶してます。
しかも年金も怪しいし、まさに貧乏くじ世代と言われます。
でも早期リタイアして、ラクして楽しい人生を送ってやる、と思っています。
これはその通りではないでしょうか。
私は99年新卒組ですが就職率は前後年みても最低だったと思います。
金融志望でしたがメガバンクの総合職はわずか30人程度の求人が多かったです。
時代に翻弄されることは嘆かわしいことですが、それを上手く乗り越える知恵はついたのではないでしょうか。
Re: No title
> わたしもばっちりこの世代です、しかも就職活動をした1996年は本当にひどかったと記憶してます。
> しかも年金も怪しいし、まさに貧乏くじ世代と言われます。
> でも早期リタイアして、ラクして楽しい人生を送ってやる、と思っています。

世代のせいにするのは良くないとはわかっているのですが、景気の良いことなんて何も無かったですね。
自爆的な早期リタイアが唯一の逆転手段というのも何ですが、楽しくやりましょう。
Re: タイトルなし
> これはその通りではないでしょうか。
> 私は99年新卒組ですが就職率は前後年みても最低だったと思います。
> 金融志望でしたがメガバンクの総合職はわずか30人程度の求人が多かったです。
> 時代に翻弄されることは嘆かわしいことですが、それを上手く乗り越える知恵はついたのではないでしょうか。

環境的に我慢強くてたくましい人は多くなったのかもしれませんね。上の世代のバブル世代に対する恨み辛みがあります。
No title
新卒で就職活動はしなかったのであまり感じたことはないですが、氷河期をかいくぐって頑張って来た選ばれし世代なんですよね。
確かに色んな面で視点が転換された世代とも言えると思います。
Re: No title
> 新卒で就職活動はしなかったのであまり感じたことはないですが、氷河期をかいくぐって頑張って来た選ばれし世代なんですよね。
> 確かに色んな面で視点が転換された世代とも言えると思います。

ニートが生まれた世代でもあります。最初の早期リタイア世代にもなってるかもしれません。
No title
私もこの世代なので共感できます。
必死の思いでなんとか職にありついても、年金や社会保障は年々上がる一方で搾取されてきましたしね。
ただ、今後早期リタイアが増えてきたり、人生や労働に意味を見いだせない人間が増えてくると、さすがに政府も若者優遇の政策転換へ重い腰を上げるでしょうね。しかし政策転換はすぐにはできないので、その頃には我々は高齢者。とことん貧乏クジ世代ですね。
それでも知恵を振り絞って生き抜いてくしかないのでしょう。
Re: No title
> 私もこの世代なので共感できます。
> 必死の思いでなんとか職にありついても、年金や社会保障は年々上がる一方で搾取されてきましたしね。
> ただ、今後早期リタイアが増えてきたり、人生や労働に意味を見いだせない人間が増えてくると、さすがに政府も若者優遇の政策転換へ重い腰を上げるでしょうね。しかし政策転換はすぐにはできないので、その頃には我々は高齢者。とことん貧乏クジ世代ですね。
> それでも知恵を振り絞って生き抜いてくしかないのでしょう。

老後はきつそうですけど愚痴を言ってもしょうがないですね。いずれこの世代も老害化しますしね。
私はこの世代に当てはまりますが、資格に助けられ、世間でいう就活というものをしたことがありません。ただ、将来、皆さんと同じ危機感を持っていますので、この状況に甘んじないで複数の収入源を得ようと、精力的に汗をかいています。
Re: タイトルなし
> 私はこの世代に当てはまりますが、資格に助けられ、世間でいう就活というものをしたことがありません。ただ、将来、皆さんと同じ危機感を持っていますので、この状況に甘んじないで複数の収入源を得ようと、精力的に汗をかいています。

バブル前と後で意識の断絶が酷過ぎると思っていました。バブル後の90年台後半は荒野にひとり立つような状況でしたから、その状況を味わなわくて済んだ人は幸運だと思いますが、一方で状況に揉まれた人は相場観が身に付いたと思います。都市銀行株なんて、下手な仕手株より酷かったですから。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント