関連コンテンツ

早期リタイア者はマイノリティ(社会的少数者)か

社会的少数者(マイノリティ)

社会的少数者(しゃかいてきしょうすうしゃ)または社会的少数集団(しゃかいてきしょうすうしゅうだん)、社会的少数派(しゃかいてきしょうすうは)とは、その社会の権力関係において、その属性が少数派に位置する者の立場やその集団を指す。 欧米の「マイノリティグループ」(英語: minority group)の考え方を輸入したものであるが、日本語では単に「マイノリティ」と呼ばれることも多い。



>多くの場合、そのグループの一員であることによって社会的な偏見や差別の対象になったり、少数者の事情を考慮していない社会制度の不備から損失を被ることを前提とした呼称であり、「社会的弱者」にも近い概念であるといえる。

早期リタイア者は好き好んで(病気や親の看護などやむを得ない場合もありますが)その生き方を選択しているので、「社会的弱者」とは言えません。

また「少数者の事情を考慮していない社会制度の不備から損失を被ることを前提とした呼称」については、むしろ終身雇用を前提に社会が設計されていた事情のスキマをついている部分があるので、むしろ利益を得る立場です。

自発的に選んだ社会的な立ち位置なので、深刻に悩む必要は無いと思います。
ただ、「社会的な偏見や差別の対象」についてはあるかもしれません。

私は胸を張って無職生活を送っていますし、税金も納めれば年金も払っています。何も後ろ暗い所はありません。町内会費も払っているし。

自衛手段としては、排他的なコミュニティには属さないことです。そういったものが嫌いで早期リタイアを目指している人も多いはずです。早期リタイアしたのに生活に干渉してくる勢力がいたのでは本末転倒です。

この条件にかなう生活としては、無人島で暮らすとか、大都市生活の中に埋没するか、終身旅行者になるか、ちょっと極端な例しか思いつきませんが…うまくやっている人もいるでしょう。

どちらにしても早期リタイアの適性として、社会的な評価を意に介さない唯我独尊的な性格も必要かと思います。そういう性格だからサラリーマンにも向いていませんしね。

本日の取引:NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ上場投信(1570)を買い増し

サイレント・マイノリティ (新潮文庫)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
社会保障制度など確実に利益をもらう側になるので少数派じゃないと困りますね、逆に早期リタイアが一定の勢力になってきたら国家が本腰を上げてしまう、マイナンバー制度も始まることだし。。
なので、差別上等です、働きもしないグータラ野郎と言われて、それで人生が上手く行くならそのほうが断然お得で僕はOKです。
Re: No title
> 社会保障制度など確実に利益をもらう側になるので少数派じゃないと困りますね、逆に早期リタイアが一定の勢力になってきたら国家が本腰を上げてしまう、マイナンバー制度も始まることだし。。
> なので、差別上等です、働きもしないグータラ野郎と言われて、それで人生が上手く行くならそのほうが断然お得で僕はOKです。

ある意味最強ですね。
No title
面倒くさい人間関係は嫌いですけど、
リタイアして機会がほぼなくなると寂しかったりもするのだと思います。
社会全体とつかずはなれずの良いバランスを取りながら行きたいものですね。
Re: No title
> 面倒くさい人間関係は嫌いですけど、
> リタイアして機会がほぼなくなると寂しかったりもするのだと思います。
> 社会全体とつかずはなれずの良いバランスを取りながら行きたいものですね。

個人的にはリタイアしながら寂しい思いもしたくないというのは贅沢というか、無いものねだりだと思います。
本当に必要な人間関係は環境が変わっても切れませんしね。
というかあまり寂しくて辛いという人もリタイア適性が無いかと。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント