関連コンテンツ

かつてのキングオブクソ株のNTTドコモ(9437)が10年来の高値を連日更新しています

NTTドコモ(9437)が10年来の高値を連日更新しています。

が、私が株を始めた10数年前からアベノミクス前夜の2012年までは、NTTドコモ(9437)の株価は年々下がり続けてきました。

2000年のITバブルの頂点の株価が高すぎたのも原因なんですが、その後再編された通信セクターではKDDI(9433)やソフトバンク(9984)に比べて明らかにパフォーマンスが悪く、ネット上では毎年のようにクソ株ランキングにノミネートされる始末でした。

特に印象深かったのが、2012年10月26日の四半期決算説明会。


ドコモ 2013年3月期 第2四半期決算説明会←57分頃から問題の早川氏の質問

アナリストが呆れる、さじを投げるほど当時のNTTドコモ(9437)の経営が酷かったので、株価は暴落。私はこの末期的状況を見て、「これは底が近い」と思って買いのタイミングを計っていました。当時高配当株のポートフォリオを構築中だったので、NTTドコモ(9437)は候補の筆頭でした。

ただし、アナリストが憤慨するほどNTTドコモ(9437)への不信感は強かったので(私も同感でした)、大多数の人は買いを躊躇していたと思います。私も少しだけ買い、翌11月に民主党が解散総選挙に追い込まれたのを見て残りの枠を買い付けました。結果的にこのあたりが10年来の大底になりました。

NTTドコモ(9437)10年_convert_20150730114853
↑2012年11月が大底です。


NTTドコモ


何が言いたいかと言うと、今のNTTドコモ(9437)の株価を見て、しみじみと総悲観は買いだなあと思うことと、逆に総楽観は売りだということです。今は中国株の暴落や米国の利上げ報道などで、まだまだ株式市場に心配の種は尽きないので、もう少しは引っ張れるのかなと思っています。ある程度は大きな調整はあると思いますが。

この記事が天井サインになったりして…

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
すごい、天才的な仕込みですね。
僕はもうちょっと手前で手を出してしまうパターンが多かったです、結局少しの利益で売却という。
Re: No title
> すごい、天才的な仕込みですね。
> 僕はもうちょっと手前で手を出してしまうパターンが多かったです、結局少しの利益で売却という。

さすがにこんなに上手く行った例は他にありません。いつか自慢してやろうと温めていたネタですw

早めに買うクセのある人は、なるべく少量ずつ分散して買うのがセオリーです。予想以上に下がれば多く仕込めるし、予想より反転が早くても損をするわけではありません。欲と恐怖を分散することですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント