関連コンテンツ

仕事を辞めると株で勝てなくなるかというと

仕事を辞めて株で食っていく、いわゆる専業投資家化すると株で勝てなくなる、あるいはパフォーマンスが落ちるという話はよく聞きます。

原因としては、

1 安定した収入が無くなることで精神的な余裕が無くなる
2 絶対的な資金が少ないとリスクを取らないことでリターンも減る
3 そもそも兼業投資家時代の成績がマグレだった(技術不足、地合いに頼る)

あたりが考え付きます。
仕事を辞めると株で勝てなくなるか否かは、個人的な要素をよく分析すれば判断できるかもしれません。
専業投資家になる前にこれらの要因はあらかじめ潰しておくとよいでしょう。

以下は私の対策です。


1 安定した収入が無くなることで精神的な余裕が無くなる

メンタル的な要素が株式投資の成績に大きく影響することは、実践者ならよくわかっていると思います。これは実際のお金を賭けない、バーチャルな投資ゲームでは決して体験できないことです。

解決策としては、メンタルそのものを鍛えることと、給料以外の収入源を確保する事です。
本を出版したり、セミナーを開く個人投資家がいますが、これも生き残り戦略のひとつでしょう。
またヒモになる、というのは冗談でもなんでもなくて、プロのギャンブラーは負けても最低限転がりこむ所を確保しているものです。


私の場合は配当金収入がこれに当たります。もし負けに負けてどうにもならなくなったら、事態が好転するまで何年でも死んだふりで粘るつもりです。桐谷さんと一緒です。だから年金は余裕のあるうちに払っといた方がいいですね。

メンタル面はある程度鍛える事はできますが、やはり先天的にずうずうしい性格の人の方が専業投資家に向いていると思います。叩かれても死なないゴキブリ的な人が理想的です。

長くなりそうなのでその2に続きます。

賭けるゆえに我あり (森巣博 ギャンブル叢書2) (SPA!BOOKS)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
精神的な余裕が無くなるのはありそうですね。
配当金という担保があれば粘れそうですね。最後はドケチ力かな。
Re: No title
> 精神的な余裕が無くなるのはありそうですね。
> 配当金という担保があれば粘れそうですね。最後はドケチ力かな。

最後の最後はヒモでしょう。生活保護までは行かなくて済みそうです。
No title
私はリタイアしてからパフォーマンスが落ちたという典型です。
(株で食べていくつもりはなかったし、今もないんですが)

理由は3がメインだと思います。
1も大きいですね。

なんとかならんか?と日々悪戦苦闘していますけど、
なかなか改善できないでいます。
(´∇`;)アハハッ



Re: No title
> 私はリタイアしてからパフォーマンスが落ちたという典型です。
> (株で食べていくつもりはなかったし、今もないんですが)
>
> 理由は3がメインだと思います。
> 1も大きいですね。
>
> なんとかならんか?と日々悪戦苦闘していますけど、
> なかなか改善できないでいます。
> (´∇`;)アハハッ

ご自分で言っている通り、株で食べていくつもりがないのが原因じゃないかと思います。
実践面については各個人の事情があるので、あまり偉そうな事は言えませんが…

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク