関連コンテンツ

仕事を辞めると株で勝てなくなるかというと その3

仕事を辞めると株で勝てなくなるかというと その2の続きです。

専業投資家になった後、株で勝てなくなるケースの原因として、

1 安定した収入が無くなることで精神的な余裕が無くなる
2 絶対的な資金が少ないとリスクを取らないことでリターンも減る
3 そもそも兼業投資家時代の成績がマグレだった(技術不足、地合いに頼る)

が考えられます。今回は3を考えます。


3 そもそも兼業投資家時代の成績がマグレだった(技術不足、地合いに頼る)

これは難しいです。ギャンブルの世界では、勝ちは幸運、負けは実力と言う言葉があります。負ければ自分が間違っていた事がわかりますが、勝っている時は単に運が良いだけなのかもしれません。

やはりある程度の期間(年単位)の成績を見て、結果で判断するしかないでしょう。
ただ一つ言える事は、専業投資家は研究を続けていないとすぐに脱落するということです。この世界は移り変わりが激しいので、いつまでも同じ手法が通用するとは限りません。

そもそも株で大きく勝ち越せるのは1割未満という世界、自分だけがいつまでも浮くと考えるには余程の努力の継続と細心の注意が要ります。

働かないために必死に株の研究を続ける事になります。怠惰な人はすぐに淘汰されます。専業一年未満の私が言うのもなんですが、今までそういう人をたくさん見てきたので、そうはなりたくないです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
働かないために必死に・・・というのもなんだか本末転倒な気がしますが、ニーテンベルグが働かないために命をかけるようなものでしょうか。
Re: No title
> 働かないために必死に・・・というのもなんだか本末転倒な気がしますが、ニーテンベルグが働かないために命をかけるようなものでしょうか。

真面目な話、必死にやって現状維持ぐらいかなと。現状維持のつもりでやっていると置いていかれます。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク