関連コンテンツ

ギリシャのユーロ離脱は必至? ギリシャ株に「めちゃ強気」なバットマンとは。

空売りバットマン、ギリシャ株に「めちゃ強気」-離脱必至の読み(ブルームバーグ)

バットマン VS. ロビン [Blu-ray]



>(ブルームバーグ):自身が設立した「ゴッサム・シティ・リサーチ」を通じた空売りで知られる投資家のダニエル・ユ氏は、ギリシャがユーロ圏を離脱するのを待ちわびている。空売りではなく、ギリシャ株を買うつもりだ。

万が一ギリシャがユーロ圏を離脱したら、ギリシャ株の暴落は必至だと思いますが、空売りではなくギリシャ株を買うと言ってます。



>「ギリシャがユーロ圏を離脱したらめちゃくちゃ強気になって、ギリシャ株なら何でも買うだろう」と、ニューヨークから電話インタビューで語った。「ユーロ圏を離脱するということは基本的に債務を返済しないということで、それは良いことだ。債務救済となれば、経済には数多くのプラスのことが起こり得る」と続けた。

ギリシャが貧乏なのは、ユーロ導入で得た資金を輸出産業の育成に使わず浪費したのが原因です。ギリシャの主要産業はユーロ導入以前も以後も変わらず観光業です。アテネオリンピックで観光客の大幅増を見込んだものの、そのオリンピックの閉会直後にはすでに財政難を発表しています。

原因の一つには高いユーロが災いして、観光客がユーロ未導入の東欧やトルコに流れていることです。ユーロを離脱して安いドラクマを再導入すれば、少なくとも観光客は戻ってくるでしょう。直近の例として、リーマンショックのあおりを受けて2008年にデフォルトしたアイスランドが、通貨暴落の恩恵を受けて観光業を主として景気回復を果たしています。アイスランドは小国ですが独自通貨を発行していたのでこういう事ができたのです。

ユーロを離脱すれば一時的には酷い事になるでしょうが、債務もチャラになり、そうなれば内戦が終わった国のようなものであとは上昇するしかない。なるほど確かにそんな気もします。暴落したギリシャ株を買い占めればとんでもない利益を得られるかもしれません。

しかし、ギリシャのユーロ離脱自体があり得ないのは先の国民投票で緊縮反対派が圧勝したにもかかわらず、ドイツの要求を丸飲みせざるを得なかった事実から明らかです。

それでもギリシャのユーロ離脱があるとすれば、切羽詰って何か革命的な出来事が起きないと無理でしょう。どちらにしてもギリシャ国民にとっては苦難の道です。



空売り師「バットマン」ことダニエル・ユ氏については↓
「ゴッサム・シティ」作った謎の空売り師-正体はバットマン(ブルームバーグ)
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
個別株は怖いけど、ギリシャ株パッケージの投信でもあればなー。
もしドラクマになったら安値で旅行行きたいとは思っているんですけどね。
Re: No title
> 個別株は怖いけど、ギリシャ株パッケージの投信でもあればなー。
> もしドラクマになったら安値で旅行行きたいとは思っているんですけどね。

直接ギリシャ株やアテネ総合指数に投資する手段は無いみたいですね。
探したらこんなのはありました。
http://www.ando-sec.co.jp/kokunaitoushin/adriatic_sea.html
アドリア海周辺の3国に投資するファンド。

あとは旅行に行ったら現地で口座を開くとか?
外国人が口座を開けるかどうかですが、今はそれどころじゃないでしょうねw
No title
追記:上記のファンドはSBI証券でも取り扱いがありますが、現在売買停止で再開の目途もたっていないようです。怖いですねw

逆に興味が湧いてきたので監視してみようと思います。
No title
うわあ、こんなものがあったんですか。
これは興味深いですね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク