関連コンテンツ

不労所得という言葉に感じる違和感

不労所得という言葉の定義はウィキペディアによると、

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要が無い所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。



所得と名がついていますが税法上の分類では無いので、言葉としてはあいまいな運用がされています。
また「不労」という語感から、

働かないで儲かるなどと悪徳商法や詐欺行為の勧誘の説明でしばしば使われる言葉でもある。


というイメージがあります。

しかしどうなんでしょう。親から土地財産を受け継いで、それを浪費するだけのドラ息子、娘ならともかく、多くは不労所得を得るための資本は自ら稼ぎ出したものでしょう。

また不労所得と言いながら、資産運用であるからには元本を毀損する場合もあるわけで、これを避けるために頭を悩ましているのが普通です。

頭脳に汗をかくか、体を動かして汗をかくかの違いだけだと思います。
やはり不労所得が楽して儲かるというのは庶民の幻想で、悪徳商法や詐欺師はその幻想につけこむ稼業だと言えます。

とはいえ、やはり早期リタイアするならなんらかの不労所得は欲しい所です。その辺を今後研究したいと思います。

一生好きなことをして暮らすための「不労所得」のつくり方



↑この本なんかタイトルと帯の煽り文句は秀逸ですけど、Amazonのレビュ―評価は芳しくないですね。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
同感ですねえ・・・・・・。

本当に楽して儲かられる方なんて、
極々一握りの天才だけだと思います。

そんな方にお会いしてことはないので、
実在するか?も分かりませんけど。

少なくとも私は日々悪戦苦闘です。
頭に汗、だけでなく、冷や汗もかいていますよ。
 ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
Re: No title
> 同感ですねえ・・・・・・。
>
> 本当に楽して儲かられる方なんて、
> 極々一握りの天才だけだと思います。
>
> そんな方にお会いしてことはないので、
> 実在するか?も分かりませんけど。
>
> 少なくとも私は日々悪戦苦闘です。
> 頭に汗、だけでなく、冷や汗もかいていますよ。
>  ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

いや、天才ほど汗をかいていると思いますよ。汗をかくほど儲かるから苦労と感じないだけで。

一喜一憂してるということは趣味のレベルで、不労所得とは言えないですね。趣味ならいいんじゃないでしょうか。
No title
働く事が美徳、という刷り込み洗脳の一環なんでしょうね。
元本を自分で稼ぎ出したのなら、むしろ労働のたまものなのにね。
Re: No title
> 働く事が美徳、という刷り込み洗脳の一環なんでしょうね。
> 元本を自分で稼ぎ出したのなら、むしろ労働のたまものなのにね。

自分の代わりにお金に働いて貰う、という点ではまさに楽しているわけですが、その監督業もけっこうハードワークな気がします。
お金に色は無いのでどうやって元本を作ったかは関係ないはずですが、やはり人間は感情が入ってしまいますね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント