関連コンテンツ

早期リタイアした青木雄二が1億7千万円も騙し取られた話

またかよ、と思われるかもしれませんが、また青木雄二ネタです。青木雄二カテゴリを作る必要がありますね。
追記:「青木雄二(ナニワ金融道)」カテゴリを新設しました。過去の記事もどうぞ→青木雄二カテゴリ

「ナニワ金融道」で大成功して早期リタイアした青木雄二氏ですが、引退後に詐欺に合い1億7千万円騙し取られています。
奥さんが伝記漫画の取材で語っているので、詳細を知ることができます。

新ナニワ金融道青木雄二物語 1 (SPA COMICS)



「ナニワ金融道」で、散々騙す側や騙される側の心理を描いてきた人が、まさか詐欺に合うとは思わないのでインパクトがある話です。まさに事実は小説よりも奇なりです。

不動産事業で失敗して追い詰められた男が詐欺師になり、青木雄二をターゲットにするわけですが、いったん詐欺師に狙われたらどんな人でも騙される可能性があるという訳ですね。

面白い現象は、詐欺にあった年から青木雄二が猛烈な勢いで本を出していることです。
漫画の中では「執筆意欲を掻きたてられた」と描かれていますが、これどうみても騙された「元」を取ろうとしてますねw

本当に面白い人です。

粗製乱造(失礼)された当時の著作群は今読む価値があるかどうかは疑問ですが、この伝記漫画はファンにとってマストアイテムですね。実際に詐欺に合った人が「騙されるなよ」と語っているので説得力もあろうというものです(当時は読者はそんな事知らない)。

新ナニワ金融道青木雄二物語2 (SPA COMICS)



奥さんによれば青木雄二は「サービス精神が旺盛」で、プライベートなことまで語ってしまっているので悪い人間に標的にされてしまったようです。考えてみれば少なく見積もっても個人資産が5億円を超える「超富裕層」が、個人情報を知られているというのは怖い話です。

この話から分かる事は、本気で騙しに掛かっている詐欺師から逃れるのは難しい、と言う事と、詐欺師に目をつけられる事の怖さです。

早期リタイアした人は、まとまった金融資産を持っています。そしてその運用先を常に捜しています。
早期リタイアするような人は一般人より金融リテラシーが高いと思われますが、定年退職した老人とはまた違った意味で騙される可能性があります。

目立たないのが一番、そういった意味ではこのブログもリスクはあります。詐欺師に狙われないまでも、悪意を持った人に知られる恐れはありますね。なるべく個人を特定できるような事は書かないようにしていますが、そうすると抽象的で面白味のない内容になる嫌いもあり、そこはジレンマですね。

青木雄二物語3 (SPA COMICS)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

そんなことがあったんですか
青木さんの詐欺の件はまるで知りませんでした

「目立たないのが一番」

標的にならず、穏やかにやり過ごすのが一番賢いですよね
Re: そんなことがあったんですか
> 青木さんの詐欺の件はまるで知りませんでした
>
> 「目立たないのが一番」
>
> 標的にならず、穏やかにやり過ごすのが一番賢いですよね

マンションビル詐欺の件、参考になると思いますよ。ご一読をお勧めします。
不動産投資に関心の高い人ほど引っ掛かりやすいと思います。

目立たないのが一番なんですが、かといって人付き合いを避けたり疑り深くなるのも問題で…
ほどほどでやり過ごすのが一番ですね。

No title
青木氏でも騙されるのだから、僕などはあっさり、、、でしょうね。怖い怖い。
今、リアイアを目前にして友人には言いまくっていますが、あまりやりすぎないほうが良さそうです。
Re: No title
> 青木氏でも騙されるのだから、僕などはあっさり、、、でしょうね。怖い怖い。
> 今、リアイアを目前にして友人には言いまくっていますが、あまりやりすぎないほうが良さそうです。

ほどほどがいいですね。早期リタイア自体が極端な生き方とも言えますが。
No title
青木雄二プロダクションの新ナニワ金融道は最初の少しだけ読んで、それ以降読んでいないのですが、さいもんさんは新ナニワ金融道も好きなのでしょうか?
Re: No title
> 青木雄二プロダクションの新ナニワ金融道は最初の少しだけ読んで、それ以降読んでいないのですが、さいもんさんは新ナニワ金融道も好きなのでしょうか?

あまり読んでいませんね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク