関連コンテンツ

武井壮が陸上のマスターズ国際大会で優勝(40~44歳クラス 4×100メートルリレー)

マスターズ陸上優勝の武井壮 毎日1時間練習で成長する価値を語る(スポーツ報知)

>タレントの武井壮(42)が、16日にフランスのリヨンで行われた陸上の35歳以上の国際大会「第21回世界マスターズ陸上競技選手権」に出場。40~44歳クラス(M40)の4×100メートルリレーで42秒70のタイムで優勝した。




武井壮のコメントが素晴らしいので全文引用します。

武井壮「この2年間、一所懸命仕事をしながら、毎日1時間計700日以上、自分の全力を尽くして積み重ねてきたものがこの舞台で発揮できて、さらに、残り3人がみんな仕事が忙しいのに、それ以上のモチベーションをもってトレーニングに励んで夢に向かってこの舞台に立てて、世界のどの国よりも速くゴールできたことが、これからの人生の大きな支えになると思います。

 毎日がつまらないとか夢が見つからないっていうたくさんの同年代、若い世代の人たちに、人間の毎日1時間っていうものにどれだけの価値があるかっていうのを少しでも証明できたような気がするので、これからまだまだ新しいゴールを見つけて、これからも毎日成長して、みなさんと一緒に楽しい人生を自分史上最高の人生を送れるように、今後も頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!」



最近まで住所が無かったとか、手だけで高尾山を登ったとか、一日30分しか寝ないでも大丈夫とか、ゴルフ経験が無いのにダンロップのゴルフ特待生になったとか、とにかく常人離れしたエピソードを持つ武井壮ですが、ただの変人ではなく有言実行ぶりは素晴らしいですね。

毎日1時間の積み重ねで世界を取る!、と沖縄マスターズ大会の前から言っていましたのでカッコいいですね。早期リタイア生活なんて時間が無限にあるように錯覚してしまいますが、恵まれた環境なので毎日少しずつでも成長できるようにしたいものです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
リタイアしたら時間が一杯あるので、部門をごくごく限定したニッチなところで頑張れば世界を獲れますね。何か探してみましょうか。
Re: No title
> リタイアしたら時間が一杯あるので、部門をごくごく限定したニッチなところで頑張れば世界を獲れますね。何か探してみましょうか。

年齢が上がるとライバルが減るので可能性はありますね。イギリスかどこかで90代でマラソン完走した人が居ましたね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント