関連コンテンツ

非上場の投資信託より、ETF(上場投資信託)の方が自分に合っていると思う

ETFと投資信託、株式の違い(日興アセットマネジメント)

ETFと非上場の投資信託の違いは上記を参照して下さい。
上場の要件を満たすために、同じ投資信託でもETFと非上場の投資信託ではかなり性質が違ってきます。しかし名前は同じ投資信託なので、違いを理解していない人も多いと思います。

私は個別株から投資経験をスタートさせています。というか、ひと昔前まではETFも投資信託も投資環境が整備されていなかったので、ちょっとやる気のある人なら皆個別株から入っていたはずです。

ひと昔前は投資信託の信託報酬も売買手数料もべらぼうに高かったので、株式の売買手数料が自由化された後では個別株の方がコスト的に圧倒的に有利だったのです。投資信託の商品の種類も少なかったし。

最近はノーロードの投信も増えたし信託報酬も安くなったので、あえて手間のかかる個別株投資に向かわず投資信託から入る人が増えています。

しかし個別株から入った人間からすると、投資信託の独特のルールには戸惑います。

1 販売会社によって扱う商品が全然違う。特定の商品を買うためにそれぞれの会社の口座を開かなければならない。
2 価格が時価の株式と違って思った値段で買えない。
3 元本払戻金(特別分配金)が存在する。

1番は個別株でも証券会社によって扱う市場は違ったりするのでまあいいでしょう。
2番は個別株から入った人にとってはストレスになるかもしれません
3番は一番問題です。

ETFの利点は非上場の投資信託より信託報酬が低い事、株式と同じように売買できるので流動性が高い事、特別分配が無い事などです。株式と同じ様に扱えるのが最大の利点ですね。投資信託から入った人は個別株投資は面倒くさい、と思うかもしれませんが、個別株に慣れた身としては投資信託の方が考慮するポイントが増えて面倒臭いのです。

問題点としては、ETFは種類が少なくて債券や商品など多種多様なアセットをカバーしきれない事ですが、これも最近はやっと改善されつつあります。それで私も重い腰を上げてETFや投資信託の比較検討をしているわけです。

ETF投資入門 (日経文庫)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
今年になって原油ETFを売買して、今まで行っていた投資信託とで一番違うなと思ったのは、売買が即できるか、少し日数がかかるかの差が小さくもないな~ってことくらいかな。それ以外は、殆ど気にもなりませんでした。
今ついている値段で売買が即できる、これは、投資信託ではありえませんからね。面白いと思う反面、指値で売りたくなるのが玉に瑕!って感じでした^^;
Re: No title
> 今年になって原油ETFを売買して、今まで行っていた投資信託とで一番違うなと思ったのは、売買が即できるか、少し日数がかかるかの差が小さくもないな~ってことくらいかな。それ以外は、殆ど気にもなりませんでした。
> 今ついている値段で売買が即できる、これは、投資信託ではありえませんからね。面白いと思う反面、指値で売りたくなるのが玉に瑕!って感じでした^^;

私は基本的に成行で取引していますね。よほど流動性の低い銘柄でなければ指値はしません。売り買いの意思決定とその確実な実行が重要なので、約定が運まかせの指値は専業投資家には向いていません。
No title
私も個別株から投資に入ったので、投信はしばらく遠慮してました。
超長期の積み立て、と思うようになったら、流動性の問題は気にならなくなりました。
ETFは売買手数料が問題なんですが、以前に教えていただいたカブドットコムや松井証券の10万円以下手数料フリーが利用しやすそうですね。
Re: No title
> 私も個別株から投資に入ったので、投信はしばらく遠慮してました。
> 超長期の積み立て、と思うようになったら、流動性の問題は気にならなくなりました。
> ETFは売買手数料が問題なんですが、以前に教えていただいたカブドットコムや松井証券の10万円以下手数料フリーが利用しやすそうですね。

投資信託は投資コストがかかるので必然的に長期投資になりますね。

ETFはフリーETFや松井証券などもありますが、銘柄限定だったり売買代金の制限があるので使いどころは限られていますね。
私は信用買い→現引きで手数料を節約しています。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント