関連コンテンツ

高配当株を買いあさる…という程でもないか。まだ火曜日なのに長い1週間になりそう。

プロも個人も見切りか、東証1部時価総額消失が89年来最大(ブルームバーグ)

>(ブルームバーグ):世界的株安が止まらない中、日本株市場にも個人、プロを問わず売りが殺到している。ブルームバーグデータ によると、24日の東証1部上場銘柄の時価総額は1日で32兆7670億円減少、1日の金額としてはさかのぼれる1989年以来最大となった

>クレディ・スイス証券の株式営業本部長、バジリアス・ダン氏は「買い持ちだけの投資家も売りに回っている」といい、これまでほとんど売り手にはならなかった欧米の年金ファンドなどの売りが目立つと述べた。ダン氏は「相対的にみれば日本は他の国よりも魅力があるが、世界的にリスクオフのモードなので、しばらくは資金は入ってこないのではないか」とみている。

相対的にみれば日本は他の国よりも魅力がある、結局はここが重要で、中途半端な国際分散投資より日本株の全部買いの方が合理的に思えますね。と言うのは、どうせ売られる時は全部売られるんだし、次に待避した資金が戻ってくる時は皆日本株を買いたがるでしょう。特に配当金生活では日本円で配当を貰って日本円で生活するんだからそのまま皆が帰ってくるまで待つ事ができるし、当分帰ってこなくてもそれはそれで良い訳です。

これが米ドルで米国株を買っているとそうもいかないんだろうなと思います。そういう訳で今日も買い増ししました。


世界的株安、主要閣僚は市場見守る姿勢 「追加緩和は日銀判断」(ロイター)

>[東京 25日 ロイター] - 世界同時株安が止まらず、25日の日経平均.N225が一時、前日比700円超の下げとなる中、安倍晋三内閣の主要経済閣僚は、市場動向を見守るスタンスを相次いで示した。

>また、市場で思惑が出ている日銀の追加緩和について、甘利明経済再生相は日銀が主体的に判断することだと述べた。

米国と日本のファンダメンタルは変化していない事を強調しつつ、追加緩和については日銀が判断する事というこれまでのコメントを繰り返しています。

米国は利上げ時期が常に問題になるのは、先進国で一番経済が順調で強いからだし、日本は先進国で一番強力な金融緩和を推進しています。何回でもその事実を確認していれば狼狽は避けられるでしょう。

とはいえ、そこは人間のすることだし、毎日毎日値幅が大きすぎるので疲れますね。まだ火曜日ですよ。新規買い、買い増し候補の高配当株を数十銘柄チェックしないといけないので忙しい。配当金生活は基本ヒマなので、今週は珍しく勤勉に働かないと。


本日の取引:東京日産コンピュータシステム(3316)を新規買い、黒田電気(7517)、キヤノン(7751)を買い増し。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
連日よく下がりますね~
私は運良く持ち株の処分が終わっていたので、海外ETF以外は被害が出ませんでしたが、さいもんさんは大丈夫でっか?
朝方ジャスダック平均がエロいことになってて
(;゚д゚)スゲエなって状態でしたから
ところで、ブログを引っ越すので、相互リンクのアドレス変更をお願いします
http://semiritaia.hatenablog.com/
今度は多少見やすいと思います
Re: No title
> 連日よく下がりますね~
> 私は運良く持ち株の処分が終わっていたので、海外ETF以外は被害が出ませんでしたが、さいもんさんは大丈夫でっか?
> 朝方ジャスダック平均がエロいことになってて
> (;゚д゚)スゲエなって状態でしたから
> ところで、ブログを引っ越すので、相互リンクのアドレス変更をお願いします
> http://semiritaia.hatenablog.com/
> 今度は多少見やすいと思います

アドレス変更しました。
大丈夫かと言われれば、あんまり大丈夫じゃないですw
下手こいてるのは確かですw

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント