関連コンテンツ

国内高配当株ETFの1577と1698について(ひとり配当金生活との比較)その2

前回の記事の続きです。
NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型ETF(1577)及び上場インデックスファンド日本高配当(1698)と「ひとり配当金生活」のポートフォリオの比較です。

「ひとり配当金生活」の8月28日現在のデータは以下の通りです。

         ひとり配当金生活
銘柄数                              139
時価総額1億円
配当利回り3.19%
上位10銘柄キヤノン(7751)
     クリップ(4705)
NTTドコモ(9437)
上場インデックスファンド豪州リート(1555)
三栄コーポレーション(8119)
極東証券(8706)
村田製作所(6981)
アルプス技研(4641)
エイジス(4659)
トラスト・テック(2154)
 

1577と1698との比較は以下の通りになります。

        15771698ひとり配当金
総資産残高468億円40.62億円1億円
構成銘柄数70100139
構成銘柄の基準・傾向日本国内に上場する普通株式Topix1000、東証REIT指数から選出中小型株中心
分配(配当)金利回り2.16%2.37%3.19%
信託報酬(税込)0.35%0.30%なし
                               


こうしてみると1577と1698、ひとり配当金生活PFとではかなり性格が違うのが分かります。単純に信託報酬や分配金利回りで比べられないのは構成銘柄の時価総額や市場、財務が違いすぎるからですね。

さて、そもそもの大問題として高配当株戦略は果たして本当に有効なのかという懸念があります。

もちろん配当金生活は生活費として配当金を必要としていますが、高配当株戦略が指数に対して大きくパフォーマンスが劣るのであれば、いくら配当金を貰っていてもあまり意味がありません。

1577は日経225、1698はTopix、ひとり配当金生活PFはジャスダック平均あたりと比べると傾向が掴めるかと思いますが…
配当金生活を前提とすると最低でも20年間ぐらいのデータは欲しい所です。しかし残念な事にまだ1698は5年、1577は3年未満、ひとり配当金生活PFに至っては1年未満しか運用実績がありません。

1577や1698が代表的な指数に対してお買い得かどうかの確信は持てませんので、私としては手間はかかっても自分のお手製の高配当株PFを維持していくつもりです。

ダウの犬投資法 ──プロにも株価指数にも勝つ「単純」戦略




ちなみにアメリカ株の高配当株ETFは複数存在して日本でも買うことはできます。そして長期的に指数を上回っているようです。ただし現実的には税金の問題や、為替の問題があります。毎月分配型だと複利効果の問題も出てきます。信託報酬の高低の問題もあります。

結論としては日本円で自分で運用するしかないと思っています。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント