関連コンテンツ

オッカムの剃刀(ケチの原理)

オッカムの剃刀(ウィキペディア)

オッカムの剃刀(オッカムのかみそり、英: Occam's razor、Ockham's razor)とは、「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」とする指針



別名が「ケチの原理」と言われていますので、カテゴリは「どケチ」としましたが、この考え方は「ブログ運営」や「金融リテラシー」などなんでも応用が効きます。

無駄なものを剃り落していくと、最後にはこれ以上削れない事象が残ります。真理というのは往々にして味気なく身もフタもない物が多いので、人は無意識にこれを装飾してしまいます。

このブログもやたらと長文が多いのは、中身の薄さを無意識に文章量で誤魔化そうとしているのでしょう。キレのある文章を書きたかったら、まず文章量を半分に圧縮する事から始めよう、というアドバイスも聞いたことがあります。それで半分どころか何も残らなかったら中身が無いってことですね。

必ず役立つ!「○○の法則」事典 (PHP文庫)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント