関連コンテンツ

何歳から何歳までが早期リタイアなのか

早期リタイアの定義など存在しないので何歳から何歳でも良いのですが…

定義がないので20代の若年早期リタイア者もいれば、60代の早期リタイア者も存在します。20代でリタイアと呼べるのかどうかは置いておくとして、60代の早期リタイアはありえます。定年が65歳以上の職業が存在するからです。

やはり定年というものの存在が大きいです。給料体系や退職金もそこを基準にして計算されていますからね。一方アメリカには政府系の職業を除いて定年が存在しないそうなので、職業観、労働観にも影響してきそうです。年齢を理由に雇用を差別してはいけないという法律があるので…

そもそも日本でも70年代までは定年が55歳なのが一般的だったので、その頃だと50代後半では早期リタイアとは言えなかったはずです。

定年の存在が人々の職業観、労働観、ひいては人生観に影響を与えていると思うんですよね。

突然浮上した「40歳定年」に賛否両論 安易なリストラ助長も(産経新聞)←3年前の記事ですが、定年をいじるより定年制度を廃止した方がいいんですよね。結局定年後から65歳までの再雇用を義務付ける方に舵を切ったわけですが。

定年制度に意味を見いだせなくなった人が早期リタイアするんだろうと思います。そうするとやはり年齢は関係ないのかな。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

私のまわりは65歳まで働く方が多いので60歳未満が早期かなあと思っています。

来年で55歳ですが60歳までセミリタイアを考えています。
Re: タイトルなし
> 私のまわりは65歳まで働く方が多いので60歳未満が早期かなあと思っています。
>
> 来年で55歳ですが60歳までセミリタイアを考えています。

自営業者は定年がないので年金が支給される65歳まで働くのが普通でしょうね。年金も少ないでしょうからなおさら長く働きたいだろうと思います。
No title
定年のせいでがんじがらめの文化になっていると思います。
雇用の流動化が遠い。。。
Re: No title
> 定年のせいでがんじがらめの文化になっていると思います。
> 雇用の流動化が遠い。。。

定年廃止と雇用の流動化は超難問ですね。これを解決できる政治家が出てきたら凄いんですが。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク