関連コンテンツ

配当金生活的に郵政3社の上場を考える

郵政3社上場、想定価格は抑えめ水準

この秋の最大の話題のひとつが郵政3社の上場だと思うんですが、この3社はいずれも高配当株と呼べる水準になると思います。そこで配当金生活的には検討しなければならないんですが…

基本的には見送り、としたいと思います。どうせ郵便局の客層が大量に買ってくれるでしょうからね。トヨタ自動車(7203)の新型株の時にも思ったのですが、安定株を求める客層が買えるだけ買いに来ると思います。個人への割り当てが9割でしたか。

他にも国の思惑が絡んできて需給を読むのが難しい。純粋にファンダメンタルだけで考えれば成長性が無い分割安なら買い、という結論に落ち着くと思いますが、なんせ過去最大の超巨大案件なので思惑も巨大です。ここは触らないのが賢明というものでしょう。他の銘柄への影響も気になりますね。

過去の民営化企業の上場案件では、明確に負けと言えるのは日本たばこ産業(2914)だけなので、純粋にIPO投資としては勝てる確率は高いと思います。それだけにあまり関わりたくないですね。

しかし繰り返しますが規模が超巨大なので他の銘柄への影響が気になります。絶対に影響を受けますよね。まだ情報が出そろっていないし、上場まで時間があるのでじっくり研究したいと思います。

日本郵政: JAPAN POST


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
初値予想からすれば3社ともバリュー株投資ではありますね。配当利回りも高いと思います。ただ、日本郵政のバランスシートを見ると、レバレッジかけて大量の国債を保有しているようなもので、もし金利が上昇して国債価格が下落したら大変なことになりそうです。
大型上場なので他の株が換金売りされる可能性もありますね。その時に一時的に需給が崩れてバーゲンセールになる銘柄があれば、そこが狙い目なのかなあ、と思っています。
Re: No title
> 初値予想からすれば3社ともバリュー株投資ではありますね。配当利回りも高いと思います。ただ、日本郵政のバランスシートを見ると、レバレッジかけて大量の国債を保有しているようなもので、もし金利が上昇して国債価格が下落したら大変なことになりそうです。
> 大型上場なので他の株が換金売りされる可能性もありますね。その時に一時的に需給が崩れてバーゲンセールになる銘柄があれば、そこが狙い目なのかなあ、と思っています。

バリュー株かどうかは大いに疑問でですね、見た目のPBRが低いだけですから。

換金売りは注目ですね。NTTドコモ(9437)とか日本たばこ産業(2914)とか。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント