関連コンテンツ

馬券で食う馬券師の存在は都市伝説と思っていましたが…

控除率20~30%の競馬で生活できるほど勝てるわけないでしょう。控除率5%程度のカジノでも無理なのに。
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

そんなふうに


外れ馬券は必要経費」最高裁、例外認める初判断
会社クビ、貯金ゼロ、妻は毎日泣いた…競馬裁判、“悲惨”と司法の“救い”

競馬ファンの間では有名な「馬券裁判」ですが、結局馬券師の主張が認められて「ハズレ馬券は経費」、「馬券は資産運用の一種」という事(あくまでこの男の場合)になりました。税金の事は置いておいて、この裁判が重要なのは本当に馬券で生活しているプロ馬券師が存在している、という事実が裁判記録に残された事だと思います。

馬券で食うプロ馬券師の存在はギャンブルで負けまくった人達の願望と妄想の産物ではなく、本当に実在しているという事が歴史に記された事になります。他に何件か同様の裁判があるようで、そんなに勝っている馬券師が実在しているというのは驚きです。

なんでこういう記事を書いたかというと、この現代ビジネスの記事を読んだからです。↓
元ファンドマネジャーが仰天! 「競馬で1億5000万円儲けた男」に学ぶマネー運用の"鉄則"

元ファンドマネージャーこと山崎元氏はあまり知られていませんが、競馬好きで毎週馬券を買っています。収支について語っているのは聞いたことありませんが、趣味という事なのでおそらく負けてるでしょう。ちなみに趣味としての競馬でもし大勝してしまった場合は、ハズレ馬券は経費と認められないようです。理不尽な気もしますが一応そういう判決が出てるので…

株式投資には趣味と資産運用の区別が無いので良かったですね。

興味が出てきたので、この馬券師のサイトを読んでみることにします。→卍の投資競馬術

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」




予想法の解説本まであるようです↓

1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本 (競馬王馬券攻略本シリーズ)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
そんな風に考えていた、、、の下りはネットでよく見ますが、この挿絵が元ネタなのですか?

馬券の裁判有名ですね。
大橋巨泉も昔、税務署にかみついたことがあるんですよね。
たまに競馬新聞で大穴あてた有名人とかでますけど、税務署からしっかり調査が入るらしいです。
Re: No title
> そんな風に考えていた、、、の下りはネットでよく見ますが、この挿絵が元ネタなのですか?
>
> 馬券の裁判有名ですね。
> 大橋巨泉も昔、税務署にかみついたことがあるんですよね。
> たまに競馬新聞で大穴あてた有名人とかでますけど、税務署からしっかり調査が入るらしいです。

バキですね。

しかし馬券で勝っても税務調査が入るんじゃ夢が無いですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント