関連コンテンツ

FRB、利上げを華麗に見送り

FOMC:政策金利を現状維持-世界経済・金融市場の混乱が影響
米国株:下落、FOMCの金利据え置きで世界経済への懸念高まる
米国債:上昇、FOMCの政策決定は「超ハト派寄り」との見方

>ブルームバーグ):米連邦公開市場委員会(FOMC)は16、17両日に開催した定例会合後の声明で、政策金利を据え置いたと発表した。低インフレ状況の長期化や世界経済成長の不透明な見通し、最近の金融市場混乱を背景に利上げを見送った。
>声明は「最近の世界的な経済・金融情勢は経済活動をやや抑制する可能性があり、短期的にインフレに一層の下向き圧力をかける可能性が高い」と指摘している。

一応投資ブログなので、利上げが噂された9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果に触れておきます。

利上げは見送り。
次回以降の利上げに含みを持たせたが、そのタイミングを示唆する内容は無し。

ということで、市場の直後の反応は、

1円ほどのドル安円高
米国債は上昇(金利は低下)
米国株は一瞬上昇した後の下落

となりました。

教科書的にはゼロ金利政策の継続で株高になるはずですが、次回以降いつ利上げになるか分からないのでこういう不安定な値動きになっているものと思われます。そもそも中国株の暴落からの世界同時株安が長引いている、長引きそうな最大の要因が米国の政策金利の動向がはっきりしない事だと思うので、不安定な現状をそのまま持越した事によってさらに不透明な状況が続きそうです。

状況が一変するとしたら日銀のみたびの追加緩和ですけど、これは前回以上のサプライズでなければ効果はなさそうです。下手に失望されると暴落もありえる情況になってきそうです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント