関連コンテンツ

儲かる投資本の選び方

投資本を何冊も何冊も読み漁って、

「結局どうすればいいんだよ!誰か俺に儲かる方法を教えてくれ!」

と叫びたくなった経験はありませんか?私はあります。


当然そんな方法はありませんし、あったとしても私が教えてもらえる可能性もありません。
星の数ほど金儲けのやり方の本があるのは、誰にでもできるやり方が存在しない事を示しています。

そうはいっても本は読んだ方がいいです。当然です。
そこで必要になってくるのが、投資本の選別方法です。


1 初心者を対象とした本は読まない

初心者でも初心者を対象とした本を読んではいけません。お前は何を言っているんだ、と思うかもしれませんがこれは本当です。
よく掲示板などで「初心者です」などと前置きする人がいますが、これはウザいだけでは無く投資の世界では無意味です。

初心者でなんらかのハンデを貰えるのならメリットもありますが、当然市場は手加減してくれません。初心者向けのマーケットなど存在しません。いつまでも無知であることはいつかカモられる事を意味します。この危険な状態を一日でも早く脱するために、初心者向けの本など読んでいる暇はありません。

初心者には本に書かれている事のよしあしが判断できない、という点も問題です。だから初心者向けの本をまず読むのでしょうが、株の世界に限ってはこれが罠で大ウソが書いてある事がままあるのです。これといった正解が無い株の世界ではそういう事が起こります。

ザイなどの初心者向けの投資雑誌などは頭の痛くなるような記事が載っている事があります。

最初に読むなら証券用語の用語集のような無味乾燥的なものが良いです。ウソが書いてないだけましです。最初はツライかもしれませんが、キャッチボールや素振りもせずに野球の試合に臨むような真似はやめましょう。

基本的な話だけで終わってしまったので、次回に続きます。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

投資本
投資本については、私も思うところがあります
次の記事 楽しみにしています
Re: 投資本
> 投資本については、私も思うところがあります
> 次の記事 楽しみにしています

ありがとうございます。
ではこちらもいつか記事にしてくれるのを楽しみにしますw
No title
私も昔は毎月z●iを買っていました。
それで儲かったことは無いんですけど。
投資雑誌を買うのをやめてからのほうが儲かるようになりました。
自分も投資雑誌について記事を書いてみようと思います。
No title
「ウソが書いてないだけましです。」で、つい笑ってしまいました。

初心者を対象とした本は読まないというのは、まさにその通りだと思います。
No title
私もいろいろ読んだ気がしますが、結局インデックス投資の本に行き着いてしまいました。。。
そういえばダウの犬、まだ読んでません、あれも効率的市場の前には無力化されてしまったようですが。
Re: No title
> 私も昔は毎月z●iを買っていました。
> それで儲かったことは無いんですけど。
> 投資雑誌を買うのをやめてからのほうが儲かるようになりました。
> 自分も投資雑誌について記事を書いてみようと思います。

ザイは一番売れているだけあって、読み物としては面白いんだと思います。この一番売れている、というのがクセモノだと思うんですよね。個別株は9割が負ける世界ですから。
Re: No title
> 「ウソが書いてないだけましです。」で、つい笑ってしまいました。
>
> 初心者を対象とした本は読まないというのは、まさにその通りだと思います。

そうは言っても読みやすいからついつい読んじゃいますよね。だから危険なんですけど。
Re: No title
> 私もいろいろ読んだ気がしますが、結局インデックス投資の本に行き着いてしまいました。。。
> そういえばダウの犬、まだ読んでません、あれも効率的市場の前には無力化されてしまったようですが。

最後にインデックス投資に行き着く、というのはいいんですが、その過程が無駄ですよね。投資教育が体系化されていないから似たパターンの人は多いと思います。しかし気持ちはよくわかります。

ダウの犬は優れた戦略だったので、機関投資家が採用した結果効果が薄れてしまいました。思えば攻略法は発表された時は賞味期限が切れているのかもしれません。逆張り投資的な、基本的な考え方は使えると思いますが。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク