関連コンテンツ

地方証券取引所の思い出(福岡証券取引所の場合)

前回の記事:地方証券取引所の思い出(大証ヘラクレス市場の場合)

福岡証券取引所、略して福証ですが知っていますか?
福岡証券取引所HP

思い出、といっても福証は大証と違ってしっかり現存しています。福岡証券取引所は市場区分として1部構成の「本則市場」と新興市場である「Q‐Board」があります。株式の立ち合い時間は0900~1130、1230~1530です。東証より30分長く売買できますね。

たまに思い出したように(失礼)新規上場もあります。今年の夏にもエスケーホーム(1431)が新規上場しました。


その昔は福証も一時の大証と同じで気配値が1本表示でした。銘柄によっては出来高が極端に少なくて、その日に成立した取引が自分の買いだけという状況がよくありましたね。1年ぐらいかけてコツコツ買い集めていたら、うっかり四季報に載りそうになったり…。

「QUICK情報」が利用できれば例外的に複数気配値が見えたので、そのためだけに松井証券(8628)の口座を開いたりしました。

福証単独上場会社の会
福証単独上場の会社はわずか33社ですが、その大半が九州に本社を置いています。そのため地方に未だに地方に証券取引所が現存する意義がわずかでも残っている気がします。九州地方出身や在住の方には馴染みのある銘柄が多いんじゃないですかね。

私が好きな銘柄を挙げておきます。

マルキョウ(9866)
マルタイ(2919)
グリーンクロス(7533)
ヒガシマル(2058)
ハウスフリーダム(8996)
ジョイフル(9942)

ちなみにウォッチするのが好きなだけで、推奨銘柄ではありません。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク