関連コンテンツ

そろそろ新興国債券ETFのおさらいをしておこう

中国も含め、新興国の通貨や株式がボロボロの今日この頃です。
が、いつまでも沈んだままでもいないでしょうから逆張り的に高利回りになっている新興国債券のETFに注目してもう一度整理しておこうと思います。

東証に上場している新興国債券ETFは、

ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)
iシェアーズ 新興国債券ETF(1362)
上場インデックスファンド新興国債券(1566)

の3種類だけです。

どれを買うかですが、お金のある人は全部買えばいいと思います。ひと口に新興国と言っても色々ありますしこの3種のETFはそれぞれ構成する国が違いますからね(かぶっている国もありますけど)。十分に分散が効いているので買ったら分配金を貰いながら気が済むまで塩漬けしておけばよいでしょう。

新興国経済の破滅!みたいなニュースが出た時に動揺して売るような真似をしなければ、その内プラスになってくるはずです。

でもこういう投資法ができる人って経済的な勝ち組ですよね。時価評価が上がろうが下がろうがどうでもいいんだから、すこしでも利食いしようとして日々必死に売り買いしている貧乏人からしたら羨ましい話です。

とはいえ新興国の債券は値動きが激しいので、あまり大名のような買い方はできません。ある程度計画的に買い下がっていった方が賢明でしょう。

次の記事で3種のETFの内容をおさらいしておこうと思います。ほとんど自分用のメモですね。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント