関連コンテンツ

景気対策、10月中に前倒しして判断、だそうです

景気対策、必要かどうか10月中に前倒しして判断=政府筋

>東京 2日 ロイター] - 政府は、経済対策が必要になるかどうか10月中に判断する方向となった。政府筋が2日、明らかにした。日本を取り巻く経済情勢が急速に厳しさを増し、11月16日発表の7─9月期国内総生産(GDP)を見てから判断するという従来の予定を大幅に前倒しする。

買い方にとっては待望のニュースですね。

>場合によっては秋の臨時国会で補正予算を審議する可能性にも言及した。
>政府筋は、経済対策取りまとめの判断時期について「11月まで待っていると遅いかもしれない」と語り、経済指標の大枠が出そろう10月中に「準備にかかる可能性がある」との見解を示した。

時期について言及したのは大きいです。売り方もこれで売りっぱなしというわけには行かなくなってきました。このところ東京市場には売る売り方と買い戻す売り方しか居ないと言われていましたが…

米9月雇用統計が下方修正に終わったので、外部環境が一段と悪化してきました。しかしこれで米利上げがまた遠のいた上に政府が補正予算を組むのも日銀が追加緩和に踏み切るのもやり易くなったとも言えます。

少なくとも売り方には心理的制約が掛かってくると考えます。買い方にとっては状況が既に最悪なので、開き直って買える人には逆にやり易くなってきました。最悪のニュースで買え、というのは相場の心得ですしね。


私は買い方なのでどうしてもポジショントーク的な見方になりますが、なるべく口先介入で時間を稼いでいるうちに補正予算と追加緩和をまとめて欲しいですね~、典型的な買い豚の意見ですねw
まあ年末までにはなんらかの決着がつくんじゃないですか?
クリスマスにまた!(死亡フラグ)

あのころ、人々はまだ疑うことを知らなかった。
ロマンに溢れた遠足、荒々しい男らしい冒険・・・。
戦争は三週間――出征すれば息もつかぬうちに、すぐ終わる。
大した犠牲を出すこともない・・・。
私たちはこんなふうに、1914年の戦争を単純に思い描いていた。

 クリスマスまでには家に帰ってくる。

新しい兵士たちは、笑いながら母親に叫んだ。

    「クリスマスにまた!」

                                  従軍したオーストリア人作家ツバイク


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント