関連コンテンツ

自転車キャンプツーリングに持っていくもの、梅昆布茶(缶入り)

自転車キャンプツーリングに必ず持っていくものとして、インスタント飲料の梅昆布茶があります。

玉露園 梅こんぶ茶・缶入り 40g




懐中汁粉同様、これも歴史のある飲み物です。携帯性を重視して、40グラム入りの缶入りのものです。だいたいこれで20杯ぐらいは作れます。昆布茶なので、調味料として料理に使えばダシもとれます。その場合はノーマルの昆布茶の方が使いやすいでしょう。

ただ肉体疲労する自転車の旅なので、酸味のある物を体が求めるのか、断然梅昆布茶をセレクトしています。

懐中汁粉もそうですが、身体が欲するものが旨く感じられるしその時身体に必要なものなんですね。

懐中汁粉といい、おばあちゃんのような選択ですが携帯性や価格、味や栄養などを総合的に考えると合理性はあるのです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント