関連コンテンツ

帰還します。節約家の走りについて。

キャンプ生活も7泊でキリがいいのでここで帰還することにしました。

ゆっくり走って帰宅は夜になりますかね。

あとでこの1週間の費用集計や撮りためた写真など記事にしたいと思います。

自転車の旅が特殊なのは行程が本人の体力に大きく依存することです。

私は長距離を走る時はなるべく体力を温存するように走っています。自転車競技では勝負所まで脚の筋力を温存することを「脚を貯める(溜める)」と表現しますが、私はまさに「節約家の走り」を目指しています。競技と違って人と争う必要はないので、コツコツと節約しつつ走れば良いわけです。

最終日はもう節約する必要もないので、パーっと脚を使えるわけです。ある意味体力的にフレッシュな初日と出し惜しみする必要の無い最終日が一番楽しいかもしれませんね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

なるほど
走るのにも節約貯蓄があるんですか、私は加齢のために途中で充電しないと動きませんけどね。
Re: なるほど
> 走るのにも節約貯蓄があるんですか、私は加齢のために途中で充電しないと動きませんけどね。

頑張って走らない事を心がける、省エネサボり走法です。節約節約です。
No title
昔かなり頑張って1日で都心から奥多摩まで往復100km以上走りましたが、あの時はヘトヘトになりました。
免疫が下がったのかノロにやられました。
ほどほど体力温存がいいでしょう。
Re: No title
> 昔かなり頑張って1日で都心から奥多摩まで往復100km以上走りましたが、あの時はヘトヘトになりました。
> 免疫が下がったのかノロにやられました。
> ほどほど体力温存がいいでしょう。

一日の中でのペースもありますし、長期の旅行だと全体の計画もありますからね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント