関連コンテンツ

大三島は初心者から上級者まで楽しめます(しまなみ海道)

大三島橋料金所+(2)_convert_20151017151436


伯方島から大三島に渡る時に通るのが大三島橋、なんですが画像がこれしかありませんでした(無能)。しまなみ海道で最古の橋です。最古の橋と最新の橋で20年の時代の差があり、しまなみ海道は橋の博物館と言えます。


大三島 どこから_convert_20151017151636


大三島橋から多々羅大橋に至る途中で見つけました。大三島は他都道府県から移住してきた人による活動が盛んで、早期リタイアとはちょっと方向性が違いますがこいういうのもいいなあと思います。


大三島+甘﨑城看板_convert_20151017151825


これも途中で見つけた史跡の看板です。しまなみにはこういう海賊の城跡が無数にあります。現在の姿は…


大三島+甘﨑城_convert_20151017151838


ただの小島ですね。言われないと絶対に分からない。


大三島サイクリングロード宮浦行_convert_20151017151926


多々羅大橋をスルーして大山祇神社のある宮浦地区に向かいます。
大三島は自転車歩行者専用のサイクリングロードがありますが、かなり古い設計で少々路面が荒れていたりしてロードバイク乗りには無視されています。しかしMTBなら問題ないので利用します。


三島明神+大鳥居_convert_20151017152017


大山祇神社の大鳥居です。



三島明神+伊予国一宮_convert_20151017152038


伊予国一宮(いよのくにいちのみや)延喜式内社(えんぎしきないしゃ)
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ) と読みます。


三島明神+御神木_convert_20151017152443


御神木の中のひとつの楠の巨木です。御神木の中には樹齢3000年を超えるとされるものもあります。さすがに枯れかかって一部しか残っていませんが。


三島明神+(15)_convert_20151017152504


参拝を済ませると、ここの目玉である宝物殿に向かいます。敷地内にある宝物殿は残念ながら撮影禁止ですが、代々神社に奉納された武具の数々が見ものです。歴史好きにはたまらんです。

国宝、重文の宝庫で源頼朝・源義経や木曽義仲の鎧、武蔵坊弁慶や巴御前のなぎなたなどがあります。現存する唯一の女性用の鎧(鶴姫の鎧)もありますね。


大漁_convert_20151017152541


食事処の定番はこの「大漁」なんですが行列がすさまじかったので断念しました。確かに安くてうまいのですが。


三島明神_convert_20151017152610


道の駅で見つけたポスターです。橋の通行料無料化は地元企業がスポンサーになっているようです。是非頑張って延長して欲しいですね。


大三島 北側道路_convert_20151017152628


大三島北側の快走路です。かすかに多々羅大橋が見えて来ました。大三島は大きな島ですが、多々羅大橋から宮浦地区を通って島の北側を周って帰るコースなら初心者から中級者向けでおすすめです。

全島1周となると上級者向けで、愛媛国体の自転車ロード競技のコースに予定されているそうです。昔走ったことがありますが、タフなコースなので是非ロードバイクで挑戦することをお勧めしますw
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

歴史ある橋々
こんにちは。
しまなみ海道は島伝いに部分的に橋が架かっていき、最後に来島海峡大橋で全線開通したらしいです。私も随分前に因島大橋を渡りました。
Re: 歴史ある橋々
> こんにちは。
> しまなみ海道は島伝いに部分的に橋が架かっていき、最後に来島海峡大橋で全線開通したらしいです。私も随分前に因島大橋を渡りました。

因島大橋は自動車道路の下を原付や自転車歩行者が通る構造なので変わっていますね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク