関連コンテンツ

寒霞渓(かんかけい)と星ヶ城山のヒルクライム、ロープウェイもあるよ(小豆島)

今回の小豆島行きのメインイベントがこれです。

小豆島の名勝「寒霞渓(かんかけい)」と、小豆島の最高峰「星ヶ城山(ほしがじょうさん)」を登ります。

10寒霞渓山頂_convert_20151027054051

ウィキペディア:寒霞渓
ウィキペディア:星ヶ城

ルートとしては島の南部の草壁港のあたりから寒霞渓公園線を自転車で北上して標高295メートルのロープウェイ駅まで登ります。そこで自転車を停めてロープウェイで標高612メートルの寒霞渓山頂まで一気に上り、そこから標高817メートルの星ヶ城山の登頂を目指します。

下りは徒歩で下のロープウェイ駅まで一気に下り自転車で下山します。

重い荷物はキャンプ地に置いてきて自転車を軽量化します(それでも軽量ロードバイクの倍ぐらいの重量があります)。気合いを入れて寒霞渓に向かいます。

1寒霞渓まで4㎞_convert_20151027053941


ロープウェイ乗り場まであと4㎞。このあたりはまだ楽勝です。


2寒霞渓上り_convert_20151027054317


エグそうな坂が見えてきて雰囲気が怪しくなってきます。


3寒霞渓上り+(2)_convert_20151027054106


いきなり斜度10%の登坂車線です。このあたりからダムまでが一番きつかった気がします。


3寒霞渓上り+(4)_convert_20151027054147


4寒霞渓上り+(5)_convert_20151027054207


もはや一番軽いギヤでコツコツ上るしかありませんw
風が無く、暑くも寒くも無い天候がさいわいです。


5寒霞渓上り+(8)_convert_20151027054300


湖の所まで上ると視界が一気に開けます。


6寒霞渓上り+(6)_convert_20151027054226


ロープウェイ駅と山頂方面の分岐点です。


7寒霞渓上り+(7)_convert_20151027054242


左に進みます。ここの湖がいい感じです。


8寒霞渓ロープウェイ+(2)_convert_20151027053955


ロープウェイ駅に到着。自転車をここに停めます。


9寒霞渓サル_convert_20151027053928


この駅の周辺には野生のサルがかなりの数います。





肝心のロープウェイからの眺めですが、借り物ですが動画を貼っておきます。紅葉のシーズンも綺麗でしょうが、紅葉が始まったばかりの季節も良かったです。



10寒霞渓山頂_convert_20151027054051


寒霞渓山頂からの眺め。紅葉には数週間早いですが、そのころには凄い人出になりそうです。平日ですいていたのでのんびりできました。


11寒霞渓展望台_convert_20151027054335


展望台から。正面に見える半島に「二十四の瞳」の岬の分教場があります。マルキン醤油などの醤油メーカーが密集している地帯はその手前の町かな。四国方面はガスがかかっていてよく見えませんね。


ここからは徒歩での登山です。次回に続きます。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
小豆島って角田光代さんの八日目の蝉の舞台でもあるんですよね。
Re: No title
> 小豆島って角田光代さんの八日目の蝉の舞台でもあるんですよね。

寡聞にしてその作品を知りませんでした。イメージが膨らみやすい場所柄ではありますね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント