関連コンテンツ

株高債券高はつらい

株と債券は通常、逆相関の関係にあるので、高い株を売って安い(金利が高い)債券に乗り換えるという手法が成り立つ。

しかし現状は株高債券高なので、株を売っても債券の金利が低すぎて買えるものがない。

国債はもちろん、個人向けの社債など0.4~0.6%の個人投資家の足元を見たふざけたものしかない。
SBI債やソフトバンク債が人気なのは比較的ましな金利を付けているからだろう。

海外のハイイールド債(と呼ぶとかっこいいが、要するに投資不適格のクズ債券)が人気なのは、高金利の債券がそれしかないからだ。高金利といってもリスクに見合っていない水準だが。

暴落にそなえて金ETFを買うのはいい。ただ金利を生まないので配当金生活にはそぐわない。

基本は日本株の買い持ちだが、少しづつ現金比率を高めて状況の変化を待とうと思う。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント