関連コンテンツ

相場格言?シリーズ

(前略)トレーダーとして成功するためには、この、二つの本源的とも言える人間の性(さが)を克服しなければならない。つまり、いわば人間として当然の衝動といったものを覆さなければならないのだ。恐怖すべき時に恐怖し、希望すべき時に希望しなくてはならない。

エドウィン・ルフェーブル「欲望と幻想の市場」より



ここで問題なのは、恐怖すべき時と希望すべき時の基準が一般人の日常的な感覚とはまったく異なっていること。

損失がより大きくならないように用心しなければならず、利益が確実な時には利益をより大きくするように望むべきなのだ。一般の人がやるような相場でのギャンブルはまったくもって間違っている。

エドウィン・ルフェーブル「欲望と幻想の市場」より



一般人は含み損には耐えられますが、含み益には耐えられません。つまり損切りのタイミングが遅く、利益確定のタイミングは1歩も2歩も早くなります。裁量で取引する人の9割が負けて終わるのはそれが人間の本能だからです。生まれつきの天才を除けば、本能に逆らって取引できるようになるには経験と訓練が必要です。裁量で取引するならこれは一生の課題になると思います。

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント