関連コンテンツ

株は買い方が絶対有利

買(い)方 カイカタ
買うほうの人。特に、株式の信用取引や商品の先物取引での買い手。⇔売り方。
デジタル大辞泉より



現物又は信用取引で買う人を買い方と言います。空売りする方を売り方と言います。

現物取引で買う分には特にハンデとなる制限はありません。

信用取引で買う場合は、金利負担と6か月の期限制限があります。無期限信用というものもありますが、銘柄が限られている上に金利負担がえげつないぐらい上がってきます。その金利で6か月以上の長期戦を挑むと勝算は厳しくなってきます。(証券会社の主な収入源でもあります。特に手数料で稼げないネット証券は)

メリットとしては、逆日歩(ぎゃくひぶ)が発生した場合は売り方からお金がもらえます。

問題は空売りの場合です。
借りる株が不足すると逆日歩(ぎゃくひぶ)が発生したり、新規の空売りが停止になったりします。また権利日をまたいで空売りする場合は、買い方に配当を払わないといけません。特殊なルールが多く、基本的に空売り側に有利な特殊ルールというのはありません。空売りはハンデ戦なのです。

株式会社というのは、利益成長を追求しています。そこで働く人たちも、会社の利益成長を目指して働いているはずです。まともにサイクルが回っている会社なら、株価には自然に上昇圧力がかかります。

空売りはこの自然に逆らう行為なので、基本的に不利な勝負なのです。
だから空売りは自然と短期決戦が多くなります。
株価はジリジリと上昇した後に、ファンダメンタルとのかい離が大きくなったどこかのタイミングで急落します。

売り方はこの一瞬のタイミングを狙っています。飛ぶ鳥を撃ち落とすような、芸術的な取引なので決まると超気持ちいいですが、株価は天井付近が最も勢いが強いものなので、たいていは無残に失敗します。

じゃあ利益成長していない糞みたいな会社を空売りすればいいのでは?と誰でも最初は考えますが、同じことを考えた浅はかな人達が殺到して、逆日歩と踏み上げ相場でお星さまになるのが落ちです。

現物買いの場合は金利負担もないので、時間を味方につけることができます。

言うまでもありませんが、売り方は株価が1円になってやっと2倍の利益で損失は青天井ですが、買い方の利益は上限がなく損失は最悪でもゼロになるだけです。構造的に空売りは難易度が高く損な取引です。

オニールの空売り練習帖



↑それでも空売りをするなら、最低これぐらいは読んでおいた方がいいと思います。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント